キーワード

フレンドリー

【ネワールとタカリ、2民族の味覚の地図。】松尾と社長、ときどきママ

前回はチベット、今回はネパール料理を食す。

チベットとネパールは、隣り同士の国である。なのに、こんなに違うのか! と、驚いた。今までヨーロッパに何カ国か行ったが、たとえばフランス人とスイス人の見分けなどまったくと言っていいほどつかない。しかし、チベットとネパールは、つく。激しくつく。チベット人はきわめて日本人っぽい風貌であったが、今回店で初めて会うネパール人は、かなりインドよりな見てくれである。

死にかけたアメリカを映し出す“普通の人たち”。| リン・ディン × 川上未映子

路上生活者、身体障害者、日雇い労働者、ドラッグ中毒者……。『アメリカ死にかけ物語』は、ベトナム生まれの詩人であり小説家のリン・ディン氏が、アメリカ各地を旅しながら、底辺に生きる者たちの声を拾い集めたエッセイ集だ。いわば“アメリカのB面”のドキュメントである同書が書かれた背景について、その日本版にエッセイを寄せた小説家の川上未映子氏を聞き手に迎え、リン氏に語ってもらった。

GLORIA MANOR

 一部のサーファーを除き、いまだ訪れる日本人が少ない台湾最南端の地、墾丁。台東同様にアクセスの不便さも手伝い、手つかずの自然が多く残る。海から少し離れた山間、墾丁国家森林レジャー区の中にできた随一のリゾートホテルGLORIA MANORが、このエリアの印象を少し変えたかもしれない。1969年に林務局の事務所として建造された建物は、蒋介石の南台湾における行政施設としての役目を経てホテルに。2012年

Schäferei Wummeniederung(シェーファライ・ヴメニーデルンク)

 野生オオカミ復活の兆しが徐々に見えつつあるリューネブルク周辺。そんな中、リューネブルクの牧場では近年、オオカミと共存するための新しい動きが生まれているという。
 リューネブルガー・ハイデと呼ばれる自然保護区の一帯は牧羊が盛んな地域。この地域でしか飼育されないハイデシュヌッケという羊はリューネブルクの名産品だ。ベニングさん夫妻が営む〈シェーファライ・ヴメニーデルンク〉は850頭の羊を飼う農家。近年

Anatome-

 遅ればせながらロンドンにも健康ブーム到来で、ジムやヘルス関係ビジネスは大繁盛。とはいえ、健康相談やサプリなどの購入がトータルででき、かつデザインもイケてる店は意外となかった。そのあたりに目をつけたのがヒップスター御用達のバーバー〈マードック〉で大成功したブレンダン・マードック。オリジナル商品が揃い、カフェがあり、気軽に、またはアポを取ってじっくりと相談もできるトータルなショップを、ショーディッチ

TOYOTA Passo

 軽自動車ナンバーワンのダイハツが、これまで培った技術や経験を一台のコンパクトカーに落とし込んだ意欲作がトヨタの「パッソ」です。ダイハツでは「ブーン」として販売されるものですが、基本的に中身は同じです。特徴的なのはテイストの異なる2つの顔を用意している点で、これは幅広いユーザーの獲得を狙ってのもの。これによりガラッと印象が変わります。また、燃費は2WD車の場合、ガソリンエンジン登録車の中ではトップ

ビジネスマンの僕が、アイデアマンになれたワケ。|トム・ケリー

 イノベーションとデザインに関するコンサルティングファーム、IDEO(アイディオ)は、プロダクトデザイナーの深澤直人が在籍したことでも知られる世界的な企業。クライアントには創成期のアップルをはじめ、数々のグローバル企業が名を連ねる。近年は「デザイン・シンキング」を武器にして、途上国で社会課題の解決にも取り組むスーパーカンパニーだ。同社を大きく発展させたトム・ケリーは、フレンドリーで気さくな人物。ア