キーワード

Google

公園遊具記録

 パンダ、赤鬼、ロボット形の滑り台など、「こんなのあるんだ!」と思わず二度見するような、奇抜で力の抜けた昭和の遊具たち。これらをカッコよくライトアップして撮ることをライフワークとしているのは、写真家の木藤富士夫さん。ネットやアプリ、Googleのストリートビューなどを駆使して面白そうな遊具を探しては、全国各地をはるばる訪ね、今までに撮ったその数はおよそ100点余り。木藤さんの手にかかると、レトロな

Googleとマインドフルネス。

Google社員が幸せで能率的に働ける環境を作ること。それが人材開発部所属のビル・ドウェインさん率いる部署のミッションだ。
「そのカギは、EQ(心の知能指数)
を高めることです」
 EQとは、自分の感情を認識する能力、ほかの人の気持ちを理解して共感する能力、自分の感情をコントロールする能力のこと。
「例えば衝突は、悪いものだと考えられていますよね。意見が対立する同僚や上司に対して“嫌なヤツ!”と憤

小林知之/地図マニア

高校・大学では地理を専攻。少年期からドラクエなどゲームの地図に萌えていた、生粋の地図オタク。好きな絵師は吉田初三郎先生。いわく、地図にはあらゆる楽しみ方があるという。例えば、目的地までのルートを地図で辿ってみて照らし合わせながら実際に歩いてみたり、海外の地図が正しいかをGoogle Earthで検証してみたり、江戸時代の地図と現在の地図を比較したり……。「地図にはロマンがある」と小林さんは語る。街

「軽やかな気持ちで子育てできる」

 弥田俊男さんと中川正子さん、息子の彩源君は東京と岡山市の2拠点生活を送っている。2人の仕事の都合で行き来し、家族が揃うのは月に数日。慌ただしい日々であることは想像に難くないが、弥田さんいわく、この生活を始めてから中川さんが随分と柔和になったとか。
「夫婦別々の時間が多い分、私が精神的に自立して親らしくなれたのだと思う。それにより、息子のペースを尊重してゆったり見守れるようになりました。あとはやは

ティランジアガーデン

 「迷わず来られたためしがない」。常連客もそうこぼすほどのラビリンスに、この店はある。同じ門構えの建物をコピペしたような問屋街の路地裏に、看板も出さずにポツネンとあるのだから無理もない。電話もないときてる。それでもGoogle マップを駆使して苦労して辿り着けた人にはそれ相応のご褒美が。ここは「エアプランツ」の愛称で親しまれている土要らずの植物、「ティランジア」
の専門店。そこらの店では手に入らな