キーワード

ポートランド

スティーヴン・スミス | インハウスでブランドを支え、 歴史に残る名作を生み出す。

デザイナーと聞いて、多くの人が真っ先に思い浮かべるのはファッションデザイナーだろう。ジョルジオ・アルマーニや川久保玲といった名前は、洋服にそれほど興味のない人でも知っている。また隈研吾や安藤忠雄といった建築デザイナーの名前が代表作とともに報道されることも珍しくないし、自動車を好きな人にはジウジアーロのようなカーデザイナーも身近な存在かもしれない。一方でスポーツシューズのデザイナーというと、よほどの

GUS VAN SANT

 来日は約10年ぶりだ。ガス・ヴァン・サント監督の新作『ドント・ウォーリー』は、彼が長年暮らしたオレゴン州ポートランドを舞台に、車椅子生活を送る風刺漫画家ジョン・キャラハンの挫折と再起を描いた伝記映画。「1997年にロビン・ウィリアムズから映画化しないかと持ちかけられたんだ」。しかし企画を進める中、2010年にジョンが、14年にロビンが相次いで亡くなってしまう。遺志を継ぎ、遂に完成させた本作には、

ヘアー・ベンダー

サードウェーブを牽引した1999年創業のポートランドのロースタリーカフェ。コーヒーのクオリティコントロールはもちろん、音楽やアートとクロスオーバーする場として世界中から人を集めながら、ローカルに根ざすあり方もシーンにインパクトを与えた。エスプレッソ用の「ヘアー・ベンダー」は店の味の基軸。「ミルクチョコのようなコクと甘味が特徴でハンドドリップでもおいしく飲める。砂糖、ミルクと好相性(加藤)。226g