キーワード

東京藝術大学

芝居を通じて、コミュニケーションが生まれているかどうか、それを見ている。

本年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された『寝ても覚めても』は、東京藝術大学大学院映像研究科を経て、前作『ハッピーアワー』で各国国際映画祭の主要賞を受賞した濱口竜介監督による新作。“濱口メソッド”とでもいうべき独自の演出法によって、決して説明的でない、それでいて雄弁で力強い演技を役者たちから引き出している。2人の男性の間で揺れ動くヒロインに扮し、この作品で本格的な演技デビューを飾った唐

増田信吾+大坪克亘

 建物の外にファサードより大きな“窓”を付けた「躯体の窓」で注目を集める2人。施主はインテリアについてはっきりとイメージがあった。「それなら僕らがやるべきことは内部ではなくファサードだと思った」と2人は言う。住宅のリノベーション「リビングプール」では、施主自ら間取り図を描いていた。「いまの施主は平面図も読めるし、間取りのアプリもある。問題は自然といかにつながるか」。そこで彼らは基礎を床として設計し