キーワード

radiko

生放送かつ自由さゆえの ハプニングがラジオの魅力。

 ここ数年、自分が出演する立場にもなって実感するのは、ラジオの自由さ。テレビよりも規制のハードルが低く、発言の内容が語り手に任されている分、テレビでは言えないような過激な発言がバンバン飛び出すところが大好きなんですよ。最近、特にテレビが全体的に自粛傾向にある中、ラジオの柔軟性やライブ感がより際立っています。だからこそ、出演者同士の人間関係も見えやすく、ハプニングも起きやすいんですよね。
 例えば『

ラジオの歴史が大きく動いた5年間。

 2010年に運用が始まった「radiko」の存在は大きいですね。大都市のAMでは高層ビルなどの増加で、20年前の半分程度の電波しか受信機に届かなくなったといわれています。それを解消したのがradiko。PCやスマホ等でラジオが聴けるようになったのは画期的でした。
 そのラジオが見直されるきっかけとなったのが、東日本大震災。地震の発生直後、災害用のメールアドレスを普段から告知していた東北放送には、