キーワード

チーズケーキ

近江屋洋菓子店

店内に焼き菓子の甘い香りが立ち込めている。開店前の〈近江屋洋菓子店〉。出来たてのチーズケーキやシュークリームが次々にリフトから下りてきて、ショーケースに並んでいく。2階にある厨房から作りたてが届くのだ。カウンター奥の調理場ではポテトサラダや野菜を丁寧に挟みながら、職人さんが急ピッチでサンドイッチを仕上げている。季節のフルーツがたっぷりのったカップケーキやタルト、定番の「苺サンドショート」がショーケ

〈PATH〉のサバラン

 朝から夜まで自由に使えるスタイルと自家製の味で人気を博すレストラン〈PATH〉。仏・ロアンヌ(2017年ウッシュに移転)の3ツ星〈メゾン・トロワグロ〉でシェフパティシエを務めた後藤裕一さんが、開業時から力を入れているのが「ウィークリーベイク」と題する
期間限定の焼き菓子だ。「伝統の味の再構築はライフワーク」と、洋菓子の定番をグランメゾンで磨いた技術と今の東京だから生まれる感性で提案。チーズケーキ

安定の極み「レモン味」の中でも、飛び抜けた一品。|石井正則

 もともと喫茶店が好きで、メモを取りながら日本全国の喫茶店に足を運んでいます。9月20日現在で、2,277軒。最初は店名と住所くらいだったのですが、1,500軒を超えたくらいから、ちゃんと特徴を残しておかないとわからなくなってきました。〈エノモト〉に初めて来た時は、店名だけのメモだった時代なんですが、僕のノートには「生レモンケーキおいしかった!」と書いてあったんです。さらに、当時のメールを見返して

オフィス街に憩いをもたらす洋菓子店。|田村町 木村屋

 都営地下鉄内幸町駅のA2出口の目の前。新橋駅からなら外堀通りを真っすぐ虎ノ門方面へ4分ほど歩くと、慎ましいガラス張りの間口の〈田村町 木村屋〉がある。窓には、金文字で「創業明治33年」とある。入口横には昔ながらのタバコ屋のような小窓があり、ショーケースに焼き菓子が並んでいる。スマホ片手に地下鉄を駆け上がってきたサラリーマンが店先でマドレーヌをささっと買い、駆け足で信号を渡る。なるほど、こういう心

ZIP

 多国籍でクリエイティブな若者が集まる注目のノイケルン地区に昨年の夏、オープンしたカフェ〈ZIP〉。
ガラス瓶で料理をサーブするというユニークなスタイルが地元にすっかり定着し、観光客や、新たにベルリンに移り住んだ人たちの間でも話題になっている。
 オーナーのアレクサンダー・プラールさんは25年間レストラン業に携わってきたが、多くのカフェの朝ご飯に工夫がないことに気づく。そこで、ユニークな朝食のスタ

Dinner by Heston Blumenthal

 ミシュラン3ツ星を冠する〈Fat Duck〉のオーナーシェフで、いわゆる“分子ガストロノミー”の雄、ヘストン・ブルーメンタール。その妥協のない研究心で、英国の古い献立を再現するのが、こちらの2ツ星レストランだ。品書きはすべて出典付き。例えば、タコのグリル(写真左)、サフランと仔牛の尾のリゾット、ヤギチーズケーキとローストイチジクは、リチャード2世の料理長による1390年刊の大英図書館所蔵書から。

そろそろ一流の暮らしやセンスを身につけようと思うんだ。|松浦弥太郎

 あの頃、僕にとっての「一流」とは「本物」だった。生まれてはじめて本物を手にしたのは、小学五年の時だ。中野区に暮らしていた僕は、若宮リトルリーグに入団し、硬式野球に励んだ。入団に際して、僕は硬式用グローブを母にねだった。神保町の〈美津濃スポーツ〉を訪れ、プロ野球選手用の「ワールドウィン」を選んだ。モデルは内野手用で、巨人軍の土井正三が使っているのと同じだった。頑として他のモデルに目もくれない僕を見