キーワード

1950年代

LEAVES COFFEE ROASTERS(東京/蔵前)

蔵前の〈LEAVES COFFEE APARTMENT〉のオーナー・石井康雄さんが築40年の建物を改装し、今月ついに焙煎所をオープン。1950年代のヴィンテージロースターに国内初の焙煎制御システムを導入。石井さんが辿り着いたこだわりの焙煎レシピを再現する。豆はノルウェーの〈Nordic Approach〉など世界に名を馳せるコーヒー豆専門商社の豆を使用。北欧で学んだ焙煎技術を生かし、高いテクニック

MELBOURNE

果実としてのコーヒーに注目し、素材そのものが持つ味をいかに引き出すのかという点にフォーカスしたサードウェーブは、アメリカ西海岸から海を渡り、オーストラリアの南部で独自の進化を遂げる。メルボルン。1950年代にイタリアやギリシャから多くの人々が移り住んだこの街に届いた波は、深く根づいたエスプレッソ文化と相まって、日々に溶け込むコーヒーを育んでいった。爽やかで、軽やかで。でも、芯のあるコーヒーの街。多

脳と体をほぐす、“周波数マッサージ”。|櫻木大悟(D.A.N.)

 モーリッツ・フォン・オズワルド・トリオの『ヴァーティカル・アセント』(20
09年)が発表された時、DJのリカルド・ヴィラロボスがこの作品を“周波数によるマッサージ(原文はFrequency Massages)”と評したんです。脳と心に施術してくれる音楽。医学にも正式にそういう療法があるみたいですが、一種の音楽ジャンルとして捉えているのが、すごくおもろいと思ったんです。細かく聴けば、複雑なリズム

七三分け、オールバック風。|ソリマチアキラ

実は高校生の頃から髪形は同じなんです。モチーフは1950年代のアメリカの理想的な家族が描かれたイラストに登場する子供でした。それを真似して学生時代からデップのヘアジェルで髪を固め、ポマードでツヤを出すという作業を35年以上も繰り返しやってきました。だから、セットは誰にも負ける気がしません(笑)。この“基本型”を作るために月に1度、美容室に通いますが、「七三分けでオールバック風になるように整えてくだ

生まれ変わった大定番。

生まれ変わった大定番。

カシオの〈Gショック〉はブランド誕生35周年! 原点ともいえるスクエアフォルムの《GMW−B5000》をベースに、〈カラー〉とのコラボで時計をリリース。メタリックゴールドのボディにブラックの樹脂バンド、さらに反転液晶と、異素材やカラーリングのコントラストが特徴的だ。70,000円(Gショック バイ カラー/カラー南青山☎03・5464・5471)

黒一色のモードな足元。

黒一色のモードな足元。

春夏コレクションの定番となった〈エルメス〉のエスパドリーユから、シックなオールブラックが登場。今シーズンは、肌にしっとりと馴染む柔らかいナッパレザーを使った、素足でも快適な履き心地。レザーソールにジュート素材を巻きつけて美しく仕上げ、細部まで丁寧な職人技が光る一足。86,000円(エルメス/エルメスジャポン☎03・3569・3300)

bar cafca.

見る者を非現実の世界へと誘うシュールレアリスムの絵画。佐藤博和さんは、その世界観を表現したい、と異業種からバーの道へ。師匠についたことはないが、ここぞという店の門を叩いて教えを乞い、店を持つに至った。バックバーはなし、カウンターから一番よく見えるのは、誂えのキャビネットの中で輝くグラス。バカラにサンルイ、ヴァルサンランベール……。1800年代初頭のものもある。
 グラス同様、酒も古いものを揃える。

最初のアイテムの見出し

英国のデザイン会社〈インストゥルメント〉が手がけた腕時計。自ら組み立てるキット式になった面白いパッケージングが特徴。そんな遊び心のある見た目でも、中身は本格派! 高性能なスイス製のムーブメントと、腕に馴染みのいいスムースレザーとのセットで販売される。キット価格35,000円(インストゥルメント/フィート☎03・3719・1550)

Bires Demory Paris

 パリでは、大会社が大量生産するビールに飽き飽きし、職人の手によるより個性的で味わいのあるビールが人気となっている。
 実は、17世紀のパリは、ヨーロッパのビールの首都といわれたほど、ビールの醸造所が多かった。中でも〈ドゥモリ〉は、1827年創業の老舗中の老舗。1950年代に閉業したが、ビールをこよなく愛し、自分の醸造所を持つことが夢だった現オーナーにより2009年に復活した。〈ドゥモリ〉のビール