キーワード

ティファニー

待っていたローカット。

〈ホカ オネオネ〉の人気アウトドアブーツ「TOR ULTRA HI WP」のローカットモデルが、〈エンジニアド ガーメンツ〉とのコラボでついに登場。ミリタリーカラーのワントーンの2色に加え、今季のEGを象徴する赤×黒のツートンカラーもまぶしい。各29,000円(エンジニアド ガーメンツ×ホカ オネオネ/エンジニアド ガーメンツ☎03・6419・1798)

プリントTではありません。

プリントTではありません。

春から夏にかけて、特に人気を集める〈C.E〉のTシャツ。なかでも珍しいのが、この一枚。デザイナーのスケートシングによるグラフィックが、お馴染みのプリントではなく、3色の刺繍で表現された。縫製後に、オーバーダイウォッシュ加工を施すことで、長く着古したような色ムラのある風合いに。8,000円(C.E http://www.cavempt.com)

リングのならわし。

 いつまでだろう、東京の映画館で「婚約指輪の目安は、給料の3ヵ月分です」というCMが流れていたのは。1990年代前半もまだ流れていたと思うが、結構、失笑が起きてた。まだ、そんなこと言ってんのかよって感じで。それにしても、メッセージの発信側が堂々と価格帯を言い続け、それが半ば常識化していたところが摩訶不思議であった。
 スポーツの世界でもリングは、とても大切なもの。優勝すると「チャンピオンシップ・リ

TIFFANY & CO.

ニューヨークを代表するジュエラーは、時計製作でも170年もの歴史を持つ。この「CT60」コレクションは1945年にルーズヴェルト大統領に贈られたティファニーの時計がインスピレーション源。その上品で適度なヴィンテージ感が、黒に染まりモダナイズされた。硬質なDLCを用い耐傷性を高めながら、ミリタリーの正統たるツートンのNATOストラップを採用。大人な遊び心を、全身に湛える。

ティファニーブルーの空間で新作ジュエリーとラブソングにときめいた、天空のパーティ。

 会場は地上247メートルのオープンエアな空間。都心の夜景を一望できるアンダーズ東京のルーフトップテラスが、ティファニーブルー一色に染まりました。ティファニーの新コレクション「ティファニーT」の発表パーティには、デザイン ディレクター、フランチェスカ・アムフィテアトロフも姿を見せ、ブランドの頭文字「T」をモチーフにした新たなジュエリーの誕生を喜びました。
 会場には直線的でグラフィカルなデザインを