キーワード

F1

【いつか行きたい、ニッポンの祭り】ダンスミュージックを求め、世界中を旅する音楽ライター・大石始が解説する。

ぼくはここ10年ほど、音楽ライターとして活動する一方で、日本各地の盆踊りや祭りを巡っている。各地を訪れるたびに「日本列島にはこれほどまでに豊かな音楽文化が息づいていたのか」と驚かされてばかりいる。会場の熱狂をコントロールする音頭取り。タイトなグルーヴを叩き出す太鼓奏者。そこでは踊り手たちが踏み鳴らすステップでさえもグルーヴの構成要素となる。

だが、盆踊りや祭りに渦巻く音楽的なおもしろさは、案外音

「80年代」的美学を否定したレニクラの「90年代」。

 半年ほど前から文藝春秋digitalで、『90's ナインティーズ』という半自伝的小説を執筆・連載しています。

 物語の主な舞台は、1995年。東京・下北沢のライブハウス〈CLUB Que〉。実際に出会ったサニーデイ・サービス、N.G.THREE、エレクトリック・グラス・バルーン、PEALOUT、Pre-School、WINO、PENPALSなどなど、先輩バンドや同年代の仲間たちとの想い出をフ

21人のスリランカ人と4人の日本人。

今回、S社長が連れて行ってくれるというのは、中目黒になんと28年前からあるスリランカ料理の店。スリランカカレーなるものがちまたではじわじわ流行っていると聞いているし、ちょうど「はっきりした味の料理が食べたい」と子供じみたことを思っていたところだった。はっきりした料理といえばカレーということに世の中決まっている。
 
駅に着くと先に店に到着していたママから「今、大変なことになってます」とライン。なん

まるで美術館! 〈ジェントル・モンスター〉 でサングラス探し。

韓国のみならず、ハリウッドセレブも御用達のアイウェアブランド〈ジェントル・モンスター〉。ソウルには論峴や弘大などに路面店があるが、ショッピングするならぜひ2015年にオープンしたカロスキル店へ。取扱商品の多さはもちろんだが、カロスキル店ならではなのがその空間ディスプレイ。地下1階から4階まで展示されたアートワークはストーリー仕立てになっていて、サングラスを選びながら、物語を辿れるという仕組みだ。商

韓国クリエイティブシーンの最先端に触れる。

小さなショップやカフェが続々の梨泰院の路地裏に、韓国のクリエイティブ・エージェンシー〈エレファント・デザイン・カンパニー〉が移転。その事務所の下階にデザインやグラフィックの今を発信するショップ&カフェを開いた。店ではアートポスターや本、雑貨を通し、若手で面白いドメスティックなイラストレーターや写真家を広める。エディション付きポスターは安価で手に入れやすく、人気作は品切れになるほど。イケてるクリエ

かわいさに悶え、意外な野性味に驚く。 北の動物たちと出会う、幸せな時間。

ここ数年で新施設が続々とオープンし、地元民や観光客の注目度も上昇中。豪雪に見舞われる冬季も開園し、レッサーパンダやユキヒョウなど冬に活動的になる動物たちや、雪の中で過ごすライオンなど、北海道ならではの光景も楽しめる。

園内で特に人気が高いSNS映えスポットが、国内最長・全長18mの水中トンネルがあるホッキョクグマ館。巨大プールを縦横無尽に泳いでいたアザラシがスーッと近づいてくると、「目が合った!

旬と美意識。北海道ならでは、を堪能する。

店主・磯野直大さんの握る寿司と同じく、ミニマルな店舗設計は、北海道を拠点に活躍する建築家・五十嵐淳氏。また、店内を流れるBGMは、ミラノサローネなど国内外の展覧会のサウンドデザインを手がける作曲家・畑中正人氏が担当。ロゴデザインは全国で活躍するグラフィック・デザイナー鎌田順也氏。北海道出身者による豪華なキャスティングは、「自分のこだわりというよりも、お客様のご縁がつながって出来上がった空間」と磯野