キーワード

富山

hazeru coffee (富山/富山)

17年前〈スターバックスコーヒージャパン〉の北陸出店とともに入社し、転勤先の京都でスペシャルティコーヒーと出会った窪田豊久さん。東京の自家焙煎コーヒー店で学び、「富山にもスペシャルティコーヒーのおいしさを伝えたい」と2016年にオープン。理想の豆に仕上げるために通常より火力の強い焙煎機をメーカーに特注。豆によって12段階の焙煎度合いを設定し、産地の個性を際立たせる。ガラス張りの店内では常時7種の試

[ 北陸 ]発酵に適した気候風土が魅力。

地域ごとに、気候風土が異なる日本列島。津々浦々を探してみると、その土地の風土に合わせ進化した、特徴あふれる調味料が選びきれないほど見つかります。土地と食材の魅力を知り尽くした料理人たちに、お薦めの3品を教えてもらいました。使い方のワンポイントアドバイスを参考にしながら、調味料で日本一周してみては?

ネットショップ・アガベ

現代美術家で、世界的に有名なアガベのコレクターでもある川井昭夫さんが運営する、アガベのみを扱うオンラインショップ。川井さんは、多肉植物においていえばアガベにしか興味がなく、日本に輸入できる種はほとんど所有しているという。その数、なんと200種類。それらすべてを富山にある12棟もの温室で栽培・育成しており、販売するのは厳選された子株や実生株、もしくは直接輸入したものだそう。斑入りからレア種まで、あり

うつわ探しに行ったら色々あり、最終的には料理教室を開くというわらしべ長者トリップ。|大塩あゆ美

思えばいつも人に導かれるまま旅をし、最終的に予想外の場所に到達して旅を終えています。直島で見知らぬおじさんに誘われ、野生のムール貝を採集して食べた珍体験も。先日は民芸店を訪ねに富山へ。そこで紹介されたのが「主人が仕留めた野獣肉を人間国宝の器で食す」というディープなジビエ料理店〈きくち〉。民芸フリークの若手職人が作る郷土菓子店も紹介してもらい、うつわ話に花が咲きました(「ひしきりこ」という伝統菓子が

朝から使いたくなる、モダンデザインの土鍋。|能作淳平

 ゴトゴトと音がして鍋と蓋の間から湯気が立ち上る。ご飯が炊き上がるときの、幸せな匂い。建築家、能作淳平さんの朝ごはんは和食。ご飯を炊きたくて買ったという土鍋は、陶芸家、望月薫の手によるものだ。「昔ながらの土鍋よりモダンな印象で、彫刻的な蓋の四角いつまみは裏返すとスタンドになったり、デザインと実用を兼ね備えているところが気に入っている」という。ご飯を炊く傍らで手際良く野菜を刻み、漬物を彩りよく器に並

能作文徳

「“心地よい時間”を確保できる建築をつくりたい」と能作は言う。例えば「高岡のゲストハウス」は富山県高岡市にある彼の実家を改修して住まいとゲストハウスにするもの。周囲の瓦屋根の家並みに合わせ、もとの屋根の瓦で新しい屋根を葺き替える。「街とつながっていることを示したい」。増改築するスペースには障子や欄間を再利用する。モノも人間と同じように時間やプロセスが内在するアクターと見なし、それをネットワークする

『仲良くしてね!』

 ぶらりと入った本屋の雑誌コーナーで、たまたま目に留まったブルータスの表紙に、特集「男の定義」の文字が躍っていたら
……その文言を見ただけでビビッてしまい、いきおい傷ついて、落ち込んでしまいそうだ。もし自分が、男だったら。
 それでもめげずに雑誌を手に取り、パラパラめくった先に、あろうことか三十代の女の作家が書いた「男らしさとはなにか」についてのエッセイが載っていた日には、“そっ閉じ”必至である。

内藤博敏/カレーステーション駅長

○掲載号/760号「日本美術総まとめ。」
○きっかけ/70年前の戦時中に、疎開先・富山県で、蒸気機関車のカッコ良さに触れ、鉄道に目覚めたという。
○蒐集タイプ/鉄道オタクは、主に写真を撮るタイプとモノを集めるタイプなどに分かれるが、駅長は後者。交通博物館にまで行ってレアなアイテムを手に入れていた。
○ナイアガラ/駅長がオーナーを務める祐天寺にあるカレー屋さん。男性にはカツカレー(900円)がおすす