キーワード

辻川

てっちゃんとミトン。

 昨年から制作していたオリジナルのコマ撮りアニメ。ついにパイロット版が完成しました。イベントで展示発表した後にネット公開する予定です。タイトルは「てっちゃん」。男の子の右手が主人公です。「てっちゃん」は目玉おやじ的なキャラクターで、手が顔になっているのです。3歳の息子の右手を3Dスキャンしたデータをベースにデザインし、3Dプリンターで原型を出力。最終的にシリコン製の頭部に、関節を入れてコマ撮り人形

マレク・スクロベツキの幼児アニメ。

3歳の息子と一緒に子供番組を観ていると、自分でも幼児向けの映像を作りたい欲が高まります。やるならストップモーションアニメ。参考に世界の幼児アニメを検索して見つけた、ポーランドの幼児番組『RodzinaTreflików』は動物の一家が活躍するミュージカル。これがアクションもカメラワークも、非常にクオリティが高い。主役の家族は謎の緑色の動物で、家に住む妖精はオジサンなど、東欧らしいズレたデザインのセ

スリットスキャン映像。

 数ある映像エフェクトの中でも、僕が最も偏愛してやまないのは「スリットスキャン」。カメラ前で上下に移動するスリットから漏れる光を撮影する、抽象映像の技法です。スリットで分割した時間のズレで生じる変形が特徴的で、有名なのは『2001年宇宙の旅』スターゲート、あのビョーンと伸びる光。これを天才ズビグ・リプチンスキーが具象に応用した「The Fourth Dimention(1985)」は実験映像史上の

ヒエロニムス・ボス映像。

 ここ10年ほど、ヒエロニムス・ボスの怪物フィギュアを収集しています。ボスはルネサンス期に、画面中が異形の怪物で埋め尽くされる異端の宗教画を残した、謎多き芸術家。その奇怪で幻想的な作品は、後のクリエイターに影響を与え続けています。かくいう僕も、ボスフィギュアを並べた棚をボーッと眺めながら映像のアイデアを出しています。そんなボスの代表作「快楽の園」に動きをつけたBuckethead「Spokes f

ゴンドリー×アナログ×デジタル。

 ケミカル・ブラザーズの新作「Got To Keep On」のMVを、久々にミシェル・ゴンドリーが手がけています。ダンサーたちが踊りながら融合して液体になる展開も狂っていますが、その表現手法も変態。カラフルな洋服が瞬時に白色に変化すると、ダンサー同士の袖が繋がったり、いつの間にか伸縮する白いタイツに数人が包み込まれて一体化したり。仮装大賞のようなアナログな仕掛けをベースに、要所でデジタル合成を幻覚

Mummenschanzの抽象身体。

70年代から活躍している、スイスのパフォーマンスグループMummenschanz(ムメンシャンツ)は、僕の映像作りに大きな影響を与えています。といっても子供の頃に、TVの情報番組で2つ3つ演目を観ただけ。それでも強烈な印象で、ずっと記憶で反芻していました。最近になってネット検索で映像を発見したのですが、やはり最高。その魅力は、シュールな身体性です。抽象的なシンプルな形状で生理感覚を喚起させる奇妙な

ハリネズミは可愛い。

古今東西で最も可愛いキャラは何だろう? 僕が偏愛するのはユーリ・ノルシュテイン監督「霧の中のハリネズミ(1975)」の主役ヨージックです。繊細な切り紙アニメの傑作で、深い霧の中を彷徨うヨージックが好きすぎて、中年男のくせに部屋にぬいぐるみまで飾っています。実物のハリネズミも背中の針がファンタジックで絵になる生き物。最近はペットとしてもひそかなブームで、飼い主がYouTubeにアップする映像も犬や猫

極上の点滅映像。

20年前、ポケモンショックといわれる放送事故がありました。アニメ『ポケットモンスター』の攻撃シーンで、激しい光の点滅を観た児童が体調不良を訴え、全国で135人が入院する事態に。以来TV放送のガイドラインは厳しくなり、僕もCMを作る際には細心の注意を払っています。点滅の効果は強力かつ、危険と隣り合わせのスリリングな視覚体験なのです。そんな点滅映像の最高峰がRené Jodoin監督作「Rectang

追悼ウィル・ヴィントン。

クレイアニメーションの巨匠、ウィル・ヴィントンが逝去されました。クレイメーションという言葉を生み、造形に現代性と風刺を盛り込んだパイオニア。彼が手がけるキャラクターは、一目でわかる独特のエグ味で、僕にとっては80年代アメリカ文化のアイコンです。懐かしい「California Raisins」のCMはYouTubeに大量にアップされていて、今観ても顔芸だけで爆笑できます。そして最も思い出深いのは、マ

水と音。

映像を作り始めてから、幾度となく水や液体をモチーフにしてきました。水は最も身近にあって、意識を向けると無限の表情があります。さらに音と動きをリンクさせると、吸い込まれるような没入感を生み出すのです。昨年ディレクションしたCornelius「Surfing on Mind Wave Pt2」のMVは、サーファーのチューブライド主観映像。しかし普通の波と違い、途切れることがなく、音に同期しながら高さを