キーワード

仙台

【全国お取り寄せカレー】掟ポルシェが札幌、仙台、東京、大阪のカレーを食べ尽くす!

急増する「カレーの冷凍発送」。大手チェーン店から個人営業のカレー店が、 “自宅で美味しいカレー”を食べてもらうための取り組みをしている。

BRUTUS.jpオリジナル記事ではカレー好きとして有名な福岡在住のミュージシャン・掟ポルシェさんに東京、札幌、仙台、大阪の冷凍カレーをお取り寄せしてもらい、食べ比べしてもらった。

私が最初に知った感情は恐怖。初めて知った言葉はB29。|デヴィ・スカルノ(第一回/全五回)

生まれは西麻布、霞町です。戦争で福島県の浪江に疎開するまでは霞町にいました。敵機が飛んだ後には空を真っ赤にナイフで掻き切ったような線が残って、空襲警報が鳴ると防空頭巾をかぶって一目散に逃げていました。青山墓地の周りには横穴があって、防空壕になっていたんです。私が一番最初に知った感情は恐怖。初めて知った言葉はB29って書いてるくらいです。終戦は浪江で迎えましたが、その前に仙台が落ちたことを、大人たち

【長野、仙台、大阪、小倉、津、そしてケニア。】そして、誰も皆無口で、ウガリを◯◯した。

芝居の巡業で、長野に行き、仙台に行き、大阪に行き、小倉に行き、三重の津にまで行った。「どこ行くの?」「津」。発するのに一秒かからないスピード感に満ちたこの町には、その名前にふさわしく一日しか滞在しなかった。芝居後、食べ歩きをする元気もなく、津の夜は終わったのだった。その土地に旅して、その土地のものを食えない。それは虚しい。仙台では牛タンを食べ、長野では蕎麦を食べた。津には、なんの思い出も残らなかっ

近代絵画のブルース。

「リアルこそ至高」を伝統とする西洋美術が本格的に流入し始めた明治時代。西洋画を見た画家たちの「ホンモノっぽい!」という衝撃から、日本の油絵はスタートした。幕末に来日したイギリスの画家ワーグマンに学んだ高橋由一は、明治維新後の美術界を変えるのは真に迫る表現ができる洋画だと胸躍らせる。日本初の油絵を描き、私塾を作ったり美術雑誌を発行したりしてその魅力を広めた。後に続く洋画家たちも、留学したり西欧の画家

ラス・ラハス

仙台のコーヒーシーンの牽引役的存在。オーナーの川口千秋さんは、90年代イタリアでエスプレッソを学び、2000年代の北欧でローストの技法を確立したというベテランだ。「ラス・ラハス」は近年注目を集めるイエローハニー製法により、カトゥアイ・カトゥーラという品種の持つ赤ワインのような風味とコク、桃のような芳醇かつ強い甘味を引き出した。「ラズベリーやハイカカオチョコレートのような酸味、蜂蜜のようなまったりと

darestore (宮城/仙台)

メルボルンでカフェ文化を学んだ寺澤芳男さんと仙台の名店〈ネルソンコーヒー〉に長年勤めた焙煎士・石山悠介さんがタッグを組み2017年に開店。「仙台は自家焙煎の店が増えコーヒーイベントが盛ん。情報交換にも積極的で全体でレベルアップしていこうという空気がある」と石山さん。浅煎り~中煎りの豆をハンドドリップで丁寧に淹れる。ビルの3階の小さなカフェながらコーヒー好きの間で隠れた名店として認知されている。