キーワード

ムーブメント

PANERAI

機械式時計は、3〜5年ごとのオーバーホールと注油が欠かせない。そんな常識が今年、〈パネライ〉によって覆された。ムーブメントのパーツを構築する地板とブリッジとに、タンタル系セラミックとカーボン系素材を融合させた低摩擦素材を使用。歯車装置には硬質なカーボン処理を施し、ゼンマイを収める香箱にもカーボン系素材で複層コーティングし、さらに脱進機をシリコン製とすることで、完全なオイルレス化を実現したのだ。結果

TAG HEUER

微細なマイクロブラストでマットに仕上げたセラミックケースは光を吸収し、黒の深みを増す。やはりマット仕立てのブレスレットを含めメゾン初のフルセラミック製で、硬質な塊感を強調。さらにダイヤルや針、インデックスまで黒に染めたオールブラックは、オープンワークによって奥行き感が演出され、視認性を確保。で、この価格。アヴァンギャルドでありながら、アクセシブルであることを忘れないのが〈タグ・ホイヤー〉流だ。搭載

EMPORIO ARMANI SWISS MADE

大人の男たるもの、さりげなくゴールドの時計を身に着けたい。〈エンポリオ アルマーニ スイスメイド〉は、絶妙なさじ加減で主張が控えめな金の色味をケースに与えた。素材のベースはSS。その表層に施したプレーティングは、イエローゴールドの発色が適度に抑えられ、ほんのり金色に染まったかのよう。一方ダイヤルでは、機械式であることを3つの丸窓から強烈に主張する。各窓から見えるのは、テンプ、香箱、歯車という機械式

CARTIER

男性用の本格的腕時計は、1904年に〈カルティエ〉が製作した「サントス ドゥ カルティエ ウォッチ」に始まった。今年100周年を迎えた「タンク」は時計史にその名を刻む傑作。近年は、複雑機構にも秀で、ウォッチメーカーとして確かな実績を積み重ねてきたメゾンは昨年、角と丸とを融合した新たな時計のフォルムを「ドライブ ドゥ カルティエ」で創造。ケースは柔らかな曲線美を奏で、ダイヤルは四隅が絞られシャープな

ベルリンのアルトバウに住むアーティスト。

ヴァディムとマリアは長い間、拠点としていたケルンから2010年にベルリンに引っ越してきた。ドイツ国内のアートシーンは90年代に旧西ドイツのケルンからベルリンに移ったこともあり、2人は環境を変えたかったという。「ベルリンは民主主義が生きている。ヨーロッパ内ではいま一番素晴らしい都市だと思うね。この町には良いアーティストがたくさんいるし」とヴァディム。
 1911年頃に建てられたアルトバウの中2階が彼

自分で組み立てる時計。

英国のデザイン会社〈インストゥルメント〉が手がけた腕時計。自ら組み立てるキット式になった面白いパッケージングが特徴。そんな遊び心のある見た目でも、中身は本格派! 高性能なスイス製のムーブメントと、腕に馴染みのいいスムースレザーとのセットで販売される。キット価格35,000円(インストゥルメント/フィート☎03・3719・1550)

地域の資源を活かして、町づくりを面白がる地元の人と、経済中心の社会に疑問を持つ都会の人が地方で交わる。

海、山、川など自然に恵まれた環境と資源、人とのつながり。地方にあるものを求めて、ライフスタイルとして、移住や2拠点生活を選択する人や、地域に根づいてビジネスを起こす人が増えているいま、日本の地方に、新たなコミュニティが生まれている。

トッドのお気に入り。

〈トッド スナイダー・タウンハウス〉限定発売の〈グローブ・トロッター〉とのコラボモデル。インナーはオリジナルのNYマップ柄ファブリック。ウェビングストラップは、トッド愛用の腕時計に付けたミリタリーベルトと同配色。21インチ。190,000円(トッド スナイダー×グローブ・トロッター/トッド スナイダー・タウンハウス☎03・6418・6076)

センスある非常識こそ、未来のヒント。世界に広がるアート、音楽、ユーモアの輪。

 どうも! キッチハイカーの山本雅也です。人の家のご飯を飯の種にして早1年。食卓を巡る旅は、アジア、中南米を経て、南アフリカ共和国まで辿り着いてしまいました。
 さて、今世界で最もアツい(?)イベント『Burning Man(バーニングマン)』をご存じでしょうか? アメリカ・ネヴァダ州の砂漠で、毎夏開催されるアートフェスです。荒れ果てた大地に世界中から集まる人はなんと6万人! 会場を埋め尽くす巨大

小さなポケット付きTシャツ。

約5㎝四方の胸ポケットが付いた〈スティル バイ ハンド〉のTシャツ。従来のTシャツに比べてワンサイズゆとりのある身幅でパターンメイクされたリラックス感のあるシルエット。だらしなく見えないように、袖はすっきりとしたドロップショルダーになっている。6,000円(スティル バイ ハンド/スタイルデパートメント☎03・5784・5430)