キーワード

ムーブメント

腕時計の時代を開いた歴史的名作を腕に誇る。

 フランスを代表する高級ジュエラーである〈カルティエ〉は、時計でも《タンク》をはじめ、数々の名作を持つ。今年、久しぶりにフルラインナップで復帰を果たした《サントス ドゥ カルティエ》も、時計史におけるマイルストーンだ。その誕生は、1904年。3代目ルイ・カルティエの友人である飛行家アルベルト・サントス=デュモンからの「飛行機を操縦中でも時刻が読める時計を」との要望が、開発のきっかけだった。当時はま

ジェームス・ボンドも愛用!

ジェームズ・ボンドも愛用!

爽やかなブルーがまぶしく、夏の日差しによく映えるスイムショーツ。かっちりしたテーラード仕立てのクラシカルなデザインで、リゾートではもちろん街でも着られるのが嬉しい。サイドにあしらわれたアジャスターがアクセント。カラーバリエーションが豊富に揃う。29,000円(オールバー・ブラウン/ヴァルカナイズ・ロンドン☎03・5464・5255)

BVLGARI

多くのパーツが積層する機械式ムーブメントは、薄くするのが難しい。だから各社は技術力を誇示するために、薄さを競う。スイス各地に時計製作に関するすべての製造拠点を持つ〈ブルガリ〉も、薄さに挑む“ウォッチメーカー”の一つ。そして今年、自動巻き腕時計で世界最薄を樹立した。そのムーブメントわずか2.23㎜厚。それを収めたケースの厚みも、5.15㎜しかない。これほど薄くても「オクト」のケースが元来持つ、多面フ

LOCMAN

自社製ムーブメントを持つ、イタリア唯一のマニュファクチュール。その本社は、ティレニア海に浮かぶエルバ島にある。ミラノにもファクトリーを置き、ケースも自社製造。フォージドカーボンも自社で加工する技術を持ち、今年は複雑な形状の3ホーン・ラグも一体成型することに成功した。裏蓋はチタン製。超高額モデルにしかなかった新素材の組み合わせも〈ロックマン〉なら、現実的だ。

MONTBLANC

ペンで培った職人技を、時計製作にも注ぐ〈モンブラン〉は今年、傘下に置くミネルバ社の歴史に注目。クロノグラフで名を馳せた同社がかつて製作したレース用ストップウォッチの傑作「ラリータイマー」を、腕時計に仕立て直したのだ。ケースは脱着式で、ストップウォッチのようにも使用可能。搭載するミネルバ社製ムーブメントは、古典的な構造美を極める。