キーワード

北野

増島拓哉 ●小説家|街と言葉で加速する 若き大阪ノワール作家。

 大阪府立の名門高、北野高校文芸部で小説を書き始め、19歳で仕上げた初長編『闇夜の底で踊れ』では、パチンコ中毒で風俗嬢におぼれる元極道を主人公に。これがとてもリアルな描写の連続で、並み居る作家や書評家をうならせた。それでいて「パチンコ経験は今もありません。YouTubeで見て、調べて。極道の世界は北野武映画とかを参考に」と言うのだから、まさに新世代。暴力描写も辞さないノワールな世界を描きつつ、テン

北野珈琲|ボブファンデーション

〈北野珈琲〉はロンドン留学時代の友人、古本親良くんが、帰国後に修業した師匠から受け継いだお店です。福岡市のベッドタウンにあります。彼はロンドン時代からカップ&ソーサーを200客くらい集めていて、お客さんは自分で選んだカップで飲むことができます。豆は親良くんが厳選して毎日焙煎し、市内のコーヒー屋さんにも卸しているそう。店内で食べられる軽食、ケーキ、焼き菓子もすべて彼の手作りで、どれもおいしいのがすご

【美青年と混ざる世界】イスラエルとカンボジアを一晩で……。

 ミャンマー料理屋のインテリおかみに前回教わった、納豆にニンニクを混ぜ唐辛子をかけて混ぜちらかす、という食べ方、それは、ニンニクの臭さと納豆の臭さが殴り合いの喧嘩をした後に仲直りしたような、独特な風味であって、それにドはまりし、もはや、ニンニクなければ納豆は食わぬ、という境地に至った松尾は、今回も日本にいながら食で世界旅行をしております。
「次は、イスラエル料理を食べましょう」と社長は言う。
 イ