キーワード

広尾

北海道の冬との共存を考えた、“実験住宅”に泊まる。

札幌から走り走って250㎞。十勝地方の海のそば、56,000坪の牧草地に11月1日、自然と建築を楽しむホテルがオープンした。その舞台は、多くのサラブレッドを輩出した〈大樹ファーム〉の跡地。ここは、次世代のサステイナブルな住宅技術を考えるLIXIL住生活財団によるユニークな取り組みにより生まれた場所だ。

広い敷地に点在する建造物は、隈研吾や伊東豊雄らの有名建築家を筆頭に、国内外の学生や研究者が建て

EVERY BOWL 広尾店

カスタマイズして、自分好みのヌードルが作れる、〈リンガーハット〉の新業態。麺は国産小麦やグルテンフリーなど4種類、メインソースはトマト系、クリーム系、カレーなど6種類。さらに季節野菜を使った日替わりデリから1つずつチョイスして980円〜。麺やソースの量の変更やデリの追加もOK。テイクアウト時は風呂敷スタイルにまとめてもらえるので、公園で包みを広げてそのままシート代わりに。

アラシのコーヒー占い&シーシャバー

 エキゾティックな店内は壁一面にシーシャ(水タバコ)のパイプが並ぶ。中には珍しい年代物もあり、独自のルートを使って仕入れているのだとか。この一見怪しげな雰囲気がこの店の魅力で、お酒とシーシャを目的とする客も多い。
 店主であるテヘラン生まれのアラシさんは、占い師だった祖国の祖母や母から占術を継ぎ、日本ではあまり馴染みのないコーヒー占いのできるバーを6年前に始めた。やり方は小さなカップに入ったコーヒ

Ta-im

 広尾にも近く、外国人の常連客も多いイスラエル料理店。主人のダン・ズッカーマンさんは来日20年。日本語もペラペラだが、故郷の料理への愛はいや増すばかり。先日も里帰り。フムスにはイスラエル産じゃなきゃ、とヒヨコ豆を大量に買い付けてきて、「これでもっとおいしくできる」と笑顔を見せる。串で代用せず、本物のシナモンスティックにスパイシーな挽き肉を巻いた串焼きは、少しずつ広がって肉に重なっていくシナモンの風