キーワード

三浦

焚き火で焙煎、夕暮れと味わう。 海辺のロースタリーカフェ。

流木をくべた焚き火に、生豆入りのハンドロースターをかざす。「直火の上で振って、2回目のハゼ(小さな爆発音)があれば完了です」。『焚火カフェ』主催の寒川一さんの手本の後、次はお客の番だ。15分後、甘い香りの深煎り豆が完成。

三浦半島西側の海岸で行われる『焚火カフェ』は、コーヒーのワークショップ。場所は日没前の天候で決まる。煎った豆は、寒川さんが汲んだ神社の湧き水でドリップする。「海岸の景色や風向き

東京凮月堂 東中野店|三浦大輔

 喫茶店は脚本を書く時に使います。家と喫茶店を一日に何往復もするんです。ここに来ると、思考が働くようになっているのかな。なんの変哲もない喫茶店だからこそ、いいんです。誰かを観察して脚本に活かすっていうことはまったくないので、できるだけ遠い世界がいい。ここは、近所のオバサマたちがランチを食べたり、お茶したりする店だから。オバサマと自分に共通するのは、時間に拘束されないで過ごしているっていうことかなっ

谷保第四公園|三浦祐太朗

「幼い頃、遊んでいた公園です。噴水と流れる小川で夏はびしょ濡れになって遊んでいました。ゴリラのオブジェがあり、昔からお気に入りです」。大人になり実家へ帰省した際、ふと立ち寄ったことがきっかけで再び訪れるように。目的は主に、歌詞のアイデアが欲しい時。「この公園は困った時にそっとヒントを教えてくれる場所。ちょうど2頭のゴリラを見渡せる小川を挟んだベンチに座って、思いついたフレーズを《ほぼ日手帳》に記し

蓬萊屋

かつは絶対ロース? ふふ、何を言ってんだか、ヒレに決まっているじゃないか。はいはい、ヒレかロースか議論は置いといてこちら〈蓬莱屋〉は大正元(1912)年創業。上野松坂屋の脇の屋台からスタートし、昭和3(1928)年、現在の場所に移転した。先代の山岡吉孝さんは先々代の娘さんの婿養子だった。
〈蓬莱屋〉は創業当初から、ヒレカツ一本に絞って展開してきた。使ってみてほしいと肉屋が持ってきたヒレ肉をカツにし

ある加害者家族の物語は、果たして悲劇か、喜劇か?

第57回岸田國士戯曲賞受賞の作・演出家にして俳優、赤堀雅秋による監督2作目『葛城事件』は自身の舞台を映画化したもの。抑圧的な父と無差別殺傷の罪で死刑囚となった次男の関係を軸に、ある加害者家族の姿を見つめた衝撃作だ。次男に扮した舞台版と異なり、映画では温厚な長男を演じた新井浩文と赤堀が、この濃密な人間ドラマを語る。

the POOL aoyama内に、東信率いる〈AMKK〉の花屋が期間限定で登場!

 人気のショップ〈the POOL aoyama〉の店内に、フラワーアーティスト東信さん率いる〈AMKK〉による実店舗のない架空の花屋が8月31日までの期間限定で登場! レセプションが行われました。
 店内の奥をカーテンで囲んだスペースが花屋で、中には、色彩や季節、原産国もさまざまな植物が常時100種類ほど並びます。内装を手がけたのは建築家の荒木信雄さん。「半透明のカーテンを間仕切りに使い、独立し

北大の試験はね、ご先祖が答えを描いてくれたんです(笑)。|三浦雄一郎

 津軽半島の崖をよじ登ったり、砂浜でごろ寝したり。で、海へ潜って魚、アワビ、野菜は拾って食べたり。夏休み中、ほぼ1ヵ月。これ、高校3年間と、北大入って家へ帰ると3年間。6年間も夏は一人ぼっちで津軽半島(笑)。弘前高校は青森県で1、2番の進学校だったんですよね。で、東大はちょっとだめだけれど、北大ならなんとかなるんじゃないかっていう連中が20人受験に行って。じゃあ俺もと。北海道の方がスキーもできると