キーワード

BY

元シリア兵が見つめる、 創造と破壊、希望と地獄。

ベイルートは今でこそ、近代建築が立ち並び、中東のパリといわれていますが、1975年から90年まで長い内戦が繰り広げられていました。そこで同じく内戦を経験したシリア人移民や難民の労働者たちが、建築ブームに沸く海岸沿いで劣悪な環境で働いています。亡命した元シリア兵の監督(*1)がその事実と向き合ったドキュメンタリーです。

Back to the land 田舎に帰ろう。

「新築以上に手がかかったかも」と笑うのはアリソン・キャロル。ジェイとの結婚式を挙げた場所であるカリフォルニア州のジョシュア・ツリーが気に入り、家を購入したのが2015年。ロサンゼルスでの生活に見切りをつけ、2人は何の衒いもなく荒涼とした砂漠へと移り住んだ。
「改修する過程でできることは全部、自分たちの手でやりたかったので徹底して学びました」。砂漠暮らしの先輩たちにアドバイスをもらったり、ユーチュー

3DCGが描く未来。

現在、世界のアニメーション市場は3DCGが中心である。一方、日本の手描きアニメには今も世界中に熱心なファンがいて、「ANIME」と呼ばれて愛されている。つまり、「日本の手描きアニメのスタイルを継承した3DCG作品」は世界商品になる可能性を秘めていることになる。こうした背景があるため、現在の日本では手描きアニメ調の「セルルック」と呼ばれるスタイルの3DCG作品が多く制作されている。
 
そもそも日本

アイドルの夢。

平成の後半にあたるこの10年弱、過去に例のないほど多くのアイドルアニメが送り出された。その理由はさまざまだが、現実の世界でアイドル、特にアイドルグループが注目されていることとも無関係ではないだろう。アイドルアニメは、ファンに対するフックが多い。まず楽曲の魅力。楽曲はゲームやライブなどにも広がるメディアミックスのハブとして、コンテンツの第一印象を決定している。さらに多彩なキャラクターを取り揃えること

時代の不安。

社会学者の吉見俊哉は戦後の日本を25年刻みで分析し、1995(平成7)年からの25年間を「衰退と不安の25年」と位置づけている。確かに95年以降は、バブル崩壊がロストジェネレーションを生み出し、2度の震災で安全神話もゆらいだ、先を見通せない時代である。そして確かなことが崩れ去った後、先の見通せなさが不安の形をとって、社会の奥底に流れるようになったのだ。

『魔法少女まどか☆マギカ』は、魔法少女とな

待望かつ驚きのコラボレーション、浅井健一と奈良美智の絵本『ベイビーレボリューション』が発売。

浅井健一率いるSHERBETSが2005年に発表したアルバム『Natural』の収録曲「Baby Revolution」が、このたび奈良美智とのコラボレーションにより絵本になった。平和への願いが込められた「30億のベイビー」という浅井の詩が、奈良の絵と出会った背景、そして浅井が言葉で描き出す世界観について、浅井本人に話を聞いた