キーワード

港区

【60・120・180min.】街の隅々まで満喫せよ! 所要時間別、 大阪の過ごし方。

 大阪人はケチだ、せっかちだなんて揶揄されがちだけど、ぼやぼやしていては時間がもったいない! という気持ちが強いのは確か。当然空き時間なんて概念は薄い。かといって、つまらないことに時間を費やすのも我慢できない(すべて在阪編集者調べ)。自ずと、ターミナル駅にある「ちょっと一杯」な店でも、オフィス街の喫茶店でも、立地に甘んじることなく、おもろく過ごしてもらいましょう、とクセは強めになる。これだけサービ

RORO|蓮沼執太

 僕は老舗が好きなんです。お店の味はもちろん、やってくるお客さんやマスターの雰囲気に、様々な時間の厚みを感じることができるから。〈RORO〉もまさにそういう場所で、古き良き喫茶店の佇まいがある。だからここへ来る時は、読書をしたり、PCやノートを開いたりせず、ただゆっくり時間を過ごします。おすすめは、薄い卵の中に甘さ控えめのケチャップライスが入ったオムライス。そして、なんといってもマスターが淹れてく

CAFÉる・ぽーる|中村有志

 6年前に新宿に引っ越すまで、28年間六本木界隈に住んでいた。お酒を飲む趣味がないので、行くところは喫茶店か本屋さんしかない。六本木にはいい喫茶店が何軒もあったけれど、28年の間に、どんどんなくなってしまって、ココが最後の砦。何がいいかといえば、タバコが吸えて、新聞が読める。それからアルバイトがいない。つまり出されるものがいつもちゃんとしているっていうこと。この店で台詞を覚え、原稿を書き、何時間も

カフェ レジュ グルニエ|祐真朋樹

 僕が喫茶店に求める必要要素は「カウンターがあって話し相手になるマスターがいること」「薄暗い照明であること」「軽食を丁寧に作っていること」。表参道の老舗〈カフェ レジュ グルニエ〉は、その全てを満たしています。上京前に教えてもらって行ったのが最初で、それから約30年、今でも通っています。昼食を食べ逃したときにはクロックムッシュを頼んで、若い店長がいるときはカウンターに座って他愛もない話をしています

かうひいや カファブンナ|門脇 麦

 喫茶店に行くようになったのは、仕事を始めてからですね。空き時間を利用して行くんですが、知らない街でも「喫茶店」で検索をして探してしまいます。なんか都会的なカフェみたいなところがあんまり好きじゃなくて。どちらかというと、漢字で「珈琲」と書いてあるような喫茶店が好き。
〈カファブンナ〉は、事務所の社長が30年以上通っていると言って、連れてきてもらったのがきっかけで行くようになったとっておきのお店なん