キーワード

松田

copiapoa

 ほかではあまり出会えない珍種、高品質のサボテンが良心的な価格で買えると、愛好家たちにファンが多い〈copiapoa〉。店名にもなっている南米原産の黒王丸などのコピアポアや、生産量が多く静岡名物ともいわれるペクチニフェラの斑入りなど、愛好家が目を輝かせるような美しい株が揃っている。
「サボテンにとって最適な温度、湿度に保たれたビニールハウスで状態の良いサボテンを育てることを第一に考えています。無理

HOTEL HOLIDAY HOME

 神戸に本店を置くライフスタイルショップ〈Bshop〉系列の〈ホテル・ホリデーホーム〉は、京都市内から車で3時間ほどの久美浜にある。京都縦貫自動車道をひたすら日本海に向かい、久美浜に聳える“かぶと山”を目指せば、ホテルはそのかぶと山公園内にある。山の麓、雑木林に包まれるホテルはまさに隠れ家だ。敷地全体がすがすがしい空気に包まれ、木々の合間から見通せる久美浜湾、花の咲く庭園など、自然との一体感が心地

挨拶したら、「ああ、君が噂の荒井由実さん?」って。|松任谷由実

でも、それより前の69年頃、私は一方的に遭遇してるんです。松本さんが細野(晴臣)さんや小坂忠さんたちと一緒にエイプリル・フールというバンドをやっていたとき、ライブを観に行きました。六本木の〈スピード〉というディスコに潜り込んで。当時私は中学3年。早熟だったんですね(笑)。13、14の頃からそういった場所に出入りしてたから、そのときもヒップな大人たちにくっついていって。いま考えると、当時の音楽シーン

2015年4月16日 特集・松本隆企画会議議事録

今年は松本さんの作詞活動45周年で、6月にはトリビュートアルバム『風街であひませう』がリリースされ、8月にははっぴいえんどの仲間だった細野晴臣さんや鈴木茂さん、ほか大勢のアーティストが出演して松本さんの詞を歌うコンサート『風街レジェンド』が開催されると。そこで僕らも、松本さんが書いた詞を改めて見つめ直し、言葉とともに松本隆という作詞家の人物像に迫る特集をしたいと思ったわけです。

「新たな価値観で男を撮る、森 栄喜」実践ワークショップ・ポートレートの距離について

男性ポートレートを撮らせるならば、今、最も旬と呼べるのが森栄喜だ。『tokyo boy alone』でリアルな男性像を写し、昨年木村伊兵衛写真賞を受賞した彼が、本企画のために“公開”撮り下ろしに挑んだ。密室でのフォトセッションから写真のセレクトまでホンマタカシが目撃した現場とは……。

松田 匡/メトロン星人フリーク

目はフジツボ、背中はタコ、横にすると魚の形をした、赤と青のコントラストがまぶしいメトロン星人。『ウルトラセブン』シリーズの珍怪獣を異常に愛す。目覚めは生みの親である、成田亨さんの個展『怪獣と美術』を見て。まずは造形美に惚れ、ハマっていくうちに独特なキャラクター性にも惹かれる。「こいつは最初、タバコに毒を盛るという狡猾な手段で地球を侵略するんです。そのあとセブンをアジトに呼び寄せ、ちゃぶ台を挟んで説

生地を選ぶ楽しみを味わう。

日本のモノ作りにこだわるブランド〈オールドマンズ テーラー〉が、今季よりフルコレクションを展開。写真は、パターンオーダーのサンプルで、約100種類の生地から選べ、袖丈やウエストのサイズ調整が可能。ジャケット200,000円〜、パンツ94,000円〜、ベスト88,000円〜。納期は約2ヵ月(オールドマンズ テーラー/アルファPR☎03・6418・9402)