キーワード

松尾

【ギリギリではある。しかし、つながっている】甲州街道に現れた本場のウイグル料理。

 新宿に稽古場がある。なのでよく甲州街道を通って新宿に行く。その途中、初台の辺りでいつも気になる派手な赤色の、主張の激しい看板があった。「シルクロード・タリム 本場のウイグル料理」とある。気になっていた。社長に報告すると、「あ、タリムは日本に3軒あるウイグル料理屋の一軒です」と、涼しい顔で実食済みである。悔しい。いつも社長は実食済みなのである。「新疆ウイグル自治区は、以前は東トルキスタンという国で

【美青年と混ざる世界】イスラエルとカンボジアを一晩で……。

 ミャンマー料理屋のインテリおかみに前回教わった、納豆にニンニクを混ぜ唐辛子をかけて混ぜちらかす、という食べ方、それは、ニンニクの臭さと納豆の臭さが殴り合いの喧嘩をした後に仲直りしたような、独特な風味であって、それにドはまりし、もはや、ニンニクなければ納豆は食わぬ、という境地に至った松尾は、今回も日本にいながら食で世界旅行をしております。
「次は、イスラエル料理を食べましょう」と社長は言う。
 イ

知性派AV監督が惚れる、一筋縄ではいかない男たち。

 松尾さんは、「あらゆる人間は生きているだけですでに迷惑なんだから、人に迷惑をかけた時に、いちいち謝るな。その分、人を楽しませたり、良いことをしたらいい」と言いました。松尾さんは「すべてのAV監督の兄」だと思う。そして父っぽい人より兄っぽい人のほうが、権力的でないぶん、より男らしい。内田百閒は、昭和42(1967)年、日本藝術院会員に推挙されるが断り、理由を聞かれると「いやなものは、いやだ」と答え

使うほど味わいを増すベルト。

〈J&M デヴィッドソン〉創業以来のロングセラーであるメッシュベルト。メッシュは熟練した職人によって一本一本丹念に編み込まれている。バックルと先端の本真鍮がアクセント。裏側に折り返した革部分は旧式のミシンを使い、太い糸でしっかりと縫われており、男っぽい雰囲気を楽しめる。各44,000円(J&M デヴィッドソン☎03・3505・2604)

音楽プロデューサーにして、元ライナー職人!? 松尾潔が語るライナーノーツとの付き合い方。

 楽曲のインターネット配信が普及し、音楽の聴き方が大きく変化すると共に、ミュージシャンに関する情報も手軽に入手することができるようになった。しかし、ネット上に星の数ほどある情報ではなく、アーティスト本人が公認したバイオグラフィやコメントを収録したライナーノーツは、CDにしか収録されていないケースが多い。制作上のデータや舞台裏などライナーでしか得ることができないことはいまだ多く、それが新しい発見や音

テーマ〈右寄り〉

宮沢 この間の〈エレ片〉のコントで、『右寄りの思想の人形劇』っていうのをやってたよね。そういうフリで始まるけど、ただ人形劇の舞台で、右に寄ってやっているだけ(笑)。
やつい どんどん過剰になって敬礼したり、足を上げたりするようになるんですけど、途中から次第に真ん中にいるっていう。
宮沢 右寄りであること忘れちゃったの?(笑)
やつい はい(笑)。
宮沢 真面目な話、かつての国粋主義者っているじゃな