キーワード

青年海外協力隊

BUCKLE COFFEE (東京/雑色)

朝8時、大田区の町工場。漂うのは鉄屑ではなくコーヒーの香り、響くのは金属加工機ではなく焙煎機の音だ。青年海外協力隊でコーヒー豆の産地へ2年赴任した石山俊太郎さんと、その間に焙煎の勉強を積んだ同級生の佐藤恒大さんが2016年に開業。「浅煎りに出会い2人ともコーヒーの味わい深さに気づきました」と、焙煎度合いは苦味を抑えた中浅煎り〜中深煎りだが、どんな客の嗜好にも応えたいと、味は「フルーティ」と「ビター