キーワード

服部

進化する「スペシャルドリンク」。

箱根駅伝の仕事が終わると、なんだか1年が終わったような気がする。新年が始まって1週間くらいしか経っていないのに、「区切り感」満載なのである。
 
しかし、2019年はかつて箱根を走ったスターたちが東京オリンピックのマラソンに向けて激しい争いを繰り広げそうで、箱根ロスにうちひしがれる暇もなく、いそがしい日々が続きそう。9月15日は代表選考レース『マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)』が行われ

身だしなみの道具。|服部哲弘

 いつでもできるだけ自然なものを使いたいなって思っています。服もそうだし、生地もそう。年齢を重ねるとだんだんと手触り、肌触りが心地いい、ナチュラルなものを使いたくなってくるんです。僕は1日2回お風呂に入るのでタオルも2枚使うのですが、一度使ったら洗濯派なので、バスタオルよりもフェイスタオルがちょうどいい。〈無印〉のタオルはインド産のオーガニックコットンを使っていて、パイルが立っていてふんわり。海綿

犬と狩り

猟師の服部義正さんは4匹の猟犬と暮らしている。オオカミの血を引くという伝説も残す紀州熊野系猪犬だ。山に入ると犬たちが放たれる。犬は常に主人の居場所を意識しながら狩り込み、イノシシを見つけると一斉に吠える。視界不明瞭な山林、主人は響き渡る犬の声を頼りに標的に接近。この「鳴き止め」と呼ばれる優れた猟芸で追い込み、イノシシが駆け出た瞬時、スナップショットで撃ち止める。山では眼光鋭い服部さんだが山を下りる

YAECA HOME STORE

 知的でシンプル。でもなぜか心ときめく服。男女問わず人気の〈YAECA〉が、恵比寿、中目黒に続く3軒目を、白金の住宅街にオープンする。白金高輪の駅から、静かな坂道や路地を散策しつつ約10分。店までのアプローチも楽しい一軒家ショップだ。
 築40年の住居を改装した2階建て。1階は家具とフード、2階には洋服が並ぶ。庭に面したリビング的空間には1930〜70年代フランスの家具や照明。いずれも購入ができる