キーワード

SF

[〜12月22日] 心揺さぶる素晴らしい映画や音楽が、失われつつあるという現実。『小松左京展―D計画―』

8歳で小松左京原作のSF映画『日本沈没』と出会い、「人生を狂わされた」という樋口真嗣さん。そこから映画界に足を踏み入れ、2006年には自ら同作をリメイク。作品への思いは今も格別だ。
「人類が滅亡してしまうような大変なことが起こるかもしれない可能性を、みんな小松左京さんから教わった。でも、若い人たちに聞いたら、名前も知らない人が多いんですよね。知っていて当たり前だと思っていたので、とても驚きました。

一瞬で飛躍! SF小説の書き出し文。

SFに限らず、小説の1文目というのは作家が創意工夫を凝らすもの。その中でもSF小説が特別なのは、現実から飛躍するための仕掛けがあるからでしょう。
 
現代SFは、ひと昔前のように「科学」の話ばかりではありません。クローン技術や宇宙旅行、AIにフェイクニュースなど、もはや現実がSF化している昨今、「サイエンス」
だけでは刺激的な話を作るのが困難な状況に。結果、「サイエンスフィクション」の略称だった「

小説家・酉島伝法さんの書斎は、風が吹き抜ける川縁。

川縁で小説を書くようになったのは、『宿借りの星』を書き始めた頃からですね。物語に入り込めず、体調もすぐれず、集中力が続かずにいたときに、青山真治を追った番組で、監督が川縁で脚本を書いていたのをふと思い出して、近くにこんないい環境があるのに利用しない手はないと気づいたんです。さすがに原稿を書くのは難しいだろうなと思いつつ、一応パソコンを持って気分転換のつもりで出てみたら、異様に集中できたんです。以降

ガンプラをドラマティックに演出する箱絵の魅力。

 アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル、通称“ガンプラ”の箱絵を数多く手がけてきたのが、イラストレーターの開田裕治だ。もともと毎週リアルタイムでアニメを観ながら、録画も欠かさなかったほどのガンダムファン。箱絵にはモビルスーツのカッコよさだけでなく、戦場の緊迫感や臨場感もリアルに描かれ、見る者を瞬時に物語の世界に引きずり込む。今年はキャリア40周年を記念した箱絵の原画展が全国を巡回。箱より

ケン・リュウ『紙の動物園』のぼくと母

名前:ケン・リュウ『紙の動物園』のぼくと母

症状:母さんが中国語で話しかけようものなら、ぼくは返事をしなかった。(中略)やがて、母さんはぼくがそばにいるときには、まったく話さなくなった。

備考:中国生まれ米国育ちの著者によるSFファンタジー。中国移民の母子の心の断絶を描いた表題作は2011年史上初の3大SF文学賞を制す。全7編。早川書房/680円。

GraphersRockが語る、“シド・ミードが次世代に遺すもの”とは。

誰かを天才と言うときには躊躇を感じる。しかし、シド・ミードを天才と称賛することに少しもためらいはない。工業デザイナー・アーティストである彼が『ブレードランナー』『エイリアン2』といったSF映画での仕事によって、無意識に私たちが想像する未来世界を鮮やかに刷新してしまったのを思い返せば、彼が「形」をデザインするのみならず、人間の「イメージ」をもデザインしてしまったのを知っているから!
 
Graphe

アーティスト・ 西川貴教が語る 音楽と、ガンダムと。

「アニソンという響きがあまり好きになれないんです」。『るろうに剣心−明治剣客浪漫譚−』や『ガンダムSEED』などの代表的なアニメタイアップ曲を持つ彼に「アニソンとは何か?」と問いかけると、意外な言葉が返ってきた。

「僕は、アニソンという枠で楽曲制作を行ったことは一度もありません。“アーティスト”という音楽を追求する視点で言えば、作ったのはアニメっぽいタイプのサウンドではありませんし、かといって自