キーワード

大森

どついたるねん|ハードなライブの陰には、DIYな努力がある。

 ライブイベントやフェスなどに登場するや、モッシュやダイブを巻き起こし、共演者から熱い注目と、いい意味で軽くめんどくさがられている〈どついたるねん〉。全員参加でマイクを握る集団ラップ、またメンバーも客席に飛び込んで大暴れのハードコアパンク、そしてギャルもメロメロな甘いJ-POPチューンなど。ステージ内容を見ても、一体どれが正体なのかわからない。
「音楽をジャンル分けしたり、高尚なものとして崇めない

Egg Hanging Chair + Stand|エッグハンギングチェア+スタンド (1957)

家具からテキスタイルまで手がけたデンマークのデザイナー、ナナ・ディッツェルとその夫ヨルゲンが1957年に発表。サーリネンのチューリップチェアなど脚の目立たない椅子が好まれたこの時代に、「ラタンで軽く作って、上から吊るす」という逆転の発想で生み出された。未来的なデザインもこの時代特有。東京・大森のヤマカワラタンにて、すべて手作業で作られている。

酒場と父親。|ホンマタカシ

 子供の頃、父親が酔っぱらうのを見るのが嫌だった。父親は商売を終えて夜、家のリビングでサントリーオールド(ダルマという愛称で呼ばれていた)のロックか水割りを飲むのが好きだった。別段、酔って暴れるとか絡んでくるというわけではなく、ただ1人でユックリと晩酌をしているだけだった。父親は顔が普通の人より長く、映画の斬られ役が集まった悪役商会のメンバーのようなちょっとドスがきいた顔をしていた。そんな父親の顔