キーワード

佐渡

“七賢人が集まる竹林”にする。|島田雅彦

 地方に出かけることも多くて、その折に廃校はよく訪ねるんですよ。佐渡にある、廃校を利用した酒蔵も見に行きました。ただ、こうした事例は全体の一部で、活用されていない廃校の方がずっと多いというのは気になっていましたね。
 廃校を自由に使って地方再生のプランを考えるとしたら、各分野のエキスパートを集めて“七賢人が集まる竹林化”するのがいいと思いますよ。社会の縮図のような場所になるんじゃないでしょうか。7

のろま人形

新潟県の佐渡では、金山で賑わっていた江戸中期頃より、人形芝居が盛んに行われていました。「文弥人形」「説経人形」「のろま人形」の3つの人形芝居があり、これらはいずれも国の重要無形民俗文化財に指定されています。中でも、のろま人形は、古い佐渡の方言による軽妙な掛け合いが魅力の喜劇で、民衆の娯楽として大変な人気を集めたそうです。
 登場人物は、正直者だけどもまぬけな木の助、お人好しの下の長者、男好きのお花

酒場と父親。|ホンマタカシ

 子供の頃、父親が酔っぱらうのを見るのが嫌だった。父親は商売を終えて夜、家のリビングでサントリーオールド(ダルマという愛称で呼ばれていた)のロックか水割りを飲むのが好きだった。別段、酔って暴れるとか絡んでくるというわけではなく、ただ1人でユックリと晩酌をしているだけだった。父親は顔が普通の人より長く、映画の斬られ役が集まった悪役商会のメンバーのようなちょっとドスがきいた顔をしていた。そんな父親の顔

伊弉諾熊手

 国生みの神話で知られる伊奘諾。伊邪那美との間に8つの島を産み、日本列島を作り出したとされています。まず最初に生まれたのは、淡道之穂之狭別島。これは今の淡路島。2番目に伊予之二名島、これは今の四国で、1つの胴体に顔が4つあり、それぞれの名が、愛比売(主に愛媛県)、飯依比古(香川県)、大宜都比売(徳島県)、建依別(高知県)といいました。3番目にできたのが、隠伎之三子島(隠岐島)。4番目に筑紫島(九州