キーワード

神戸

【ギリギリではある。しかし、つながっている】甲州街道に現れた本場のウイグル料理。

 新宿に稽古場がある。なのでよく甲州街道を通って新宿に行く。その途中、初台の辺りでいつも気になる派手な赤色の、主張の激しい看板があった。「シルクロード・タリム 本場のウイグル料理」とある。気になっていた。社長に報告すると、「あ、タリムは日本に3軒あるウイグル料理屋の一軒です」と、涼しい顔で実食済みである。悔しい。いつも社長は実食済みなのである。「新疆ウイグル自治区は、以前は東トルキスタンという国で

島田 陽/タトアーキテクツ

「460㎡ある元レストランを、新本社兼住宅にリノベーションしてほしい」
 リノベーションという言葉から想像される条件としては規模も構想も壮大な依頼をしたのは、山口県にある老舗醸造会社、光浦醸造。150年以上の歴史を持つ味噌や醤油の醸造の傍ら、工場の乾燥設備を活用してつくるハート形のレモンが浮かぶレモンティーが大ヒット、事業拡大中の企業だ。
 募集時のインタビューで、こまめに足を運んで監理したいと「

HOTEL HOLIDAY HOME

 神戸に本店を置くライフスタイルショップ〈Bshop〉系列の〈ホテル・ホリデーホーム〉は、京都市内から車で3時間ほどの久美浜にある。京都縦貫自動車道をひたすら日本海に向かい、久美浜に聳える“かぶと山”を目指せば、ホテルはそのかぶと山公園内にある。山の麓、雑木林に包まれるホテルはまさに隠れ家だ。敷地全体がすがすがしい空気に包まれ、木々の合間から見通せる久美浜湾、花の咲く庭園など、自然との一体感が心地

〈savoy〉の「ビーフカレー」

 小学6年生の時、近くの信用金庫に勤めていた父親のお昼に同行したのが最初。このカレーがきっかけで僕は外食のカレーが好きになりました。以来26年間で400回近く食べていると思います。潔いメニューとシンプルでピリ辛なスパイスの香り、飾りっけのない大きめのお皿にカレーとルーと生卵をどんとのせた神戸地下スタイルの王道がたまりません。別々の友達が来た時、皆「行きたい!」と言うので4日連続食べたことがあるけれ