キーワード

山田

平成アニメの進化は、「撮影」技術の進化である!

2016年、新海誠監督による『君の名は。』が大ヒットした際にしばしば話題に上がったのが、その映像の美しさでした。「絵がきれい」「背景が美しい」という評価に大きく寄与しているのが、実は、アニメにおける「撮影」と呼ばれる仕事です。

「アニメは絵なのに、なぜ“撮影”?」と思われる方もいるかと思います。もともとアニメは、背景にセル画を重ねて一枚一枚フィルムで「撮影」することで、止まった絵から動きのある映

キャラの印象は何で決まるの?

「アニメのキャラクターを見た際に萌えを感じるか、別の感情を覚えるかは、複数の要素が絡んできます。“顔”や“髪形”“髪色”“声”“身長”などキャラクターの特徴は色々ありますよね。結論から言うと、人間は萌える/萌えないを顔の“輪郭”と“目の大きさ”によって判断していることがわかりました。私の研究では、『涼宮ハルヒの憂鬱』の涼宮ハルヒや『ご注文はうさぎですか?』の保登心愛を“萌えキャラ”、『ルパン三世』

21世紀デビューの監督たち。

21世紀にデビューした3人の監督、新海誠、吉浦康裕、石田祐康には共通点がある。一つはデジタル・ネイティブな世代であること。パソコンを使い、その中でアニメーションを完成させるのが当たり前の世代である。特にその黎明期にデビューした新海、吉浦は、「パソコンを使えば一人でも、プロ並みのクオリティの映像が作れる」という形で注目を集めた。もう一つは、自主制作で注目を浴びてプロになったということ。しかも既存のス

スタジオジブリという奇跡。

宮崎駿監督は1984年、『風の谷のナウシカ』から本格的に長編製作を始め、翌85年にはスタジオジブリを設立した。日本の制作スタジオは主にTVアニメを制作してビジネスを回しているが、スタジオジブリはTVアニメを制作せず、ハイリスクな映画製作を中心に据えたところに大きな特徴がある。
 
ジブリ初の大ヒットは89(平成元)年に公開された『魔女の宅急便』。日本テレビが宣伝に参画し、これまであまりリーチしてい

イケブクロ三兄弟が語る バトルを振り返って思う、イケブクロのこれまでとこれから。

山田一郎を演じる木村昴が自称“ラップバカ”というだけに、デビュー作『Buster Bros!!! Generation』から、『ヒプノシスマイク』において、ヒップホップマナーがダントツに高かったイケブクロ・ディビジョン〈Buster Bros!!!〉。その後、バトルCDにおける「WAR WAR WAR」でのバトルスタイルや、「IKEBUKURO WEST GAME PARK」におけるマイクパスを聴

大学教授が分析 ヒップホップカルチャーで読み解く『ヒプマイ』。

「ここ10年ほど、キャラクターコンテンツとヒップホップの相性はいいんじゃないかと考えていました。まず、アイドルを主人公にした音楽ゲームや、声優さんをアイドルグループとしてデビューさせることが一般的になり、キャラクターを打ち出すために、ほかのメディアと並行して展開することが増えてきた。中でも、CD作品では、歌はもちろん、ドラマなどを収録し、キャラクターの声や特性、ストーリーなど、ゲーム内では詳しく説

山田まさきよ/紅茶王子

丸々としたフォルムに似合わず、紅茶しか飲まない生活をしているまさきよさん。一部で紅茶王子と呼ばれる彼が、紅茶を愛飲するのにはわけがある。実は紅茶は、インフルエンザの感染を防ぐといわれているのだ。紅茶に含まれるテアフラビンという成分により、どんな型のインフルエンザウイルスにも効果を発揮。「紅茶をちょっとでも飲むと数時間は効果が持続するらしいから、家やお店で飲むだけじゃなく、ポットに入れて毎日携帯して

郊外から見た故郷・札幌を 短歌で表現する。

社会人になってから短歌の世界のスタートラインに立ち、第1歌集から注目を浴びた山田航。現代短歌に影響を受け、mixiの歌会コミュニティで短歌を詠み始めたという、SNSを起源に持つ歌人だ。札幌市郊外のニュータウンに生まれ育ったという山田は、近年「郊外」をテーマにした歌集を刊行。

「札幌といっても、中心部やすすきのと郊外では全く違い、一括りにはできないと感じます。その差異から“札幌とは何か”を考えてい

轟音で煙に巻く音楽で、 地域もジャンルも超越する。

狂気を孕んだ楽曲構成と上半身裸で楽器をかき鳴らす轟音、見る者の不安を煽るようなMV。

〈OKAMOTO'S〉のオカモトレイジをはじめファンを公言するミュージシャンも多く、ライブを一目見ようと道外からのオファーが絶えない。メンバーに「札幌で活動する意義は?」と尋ねると、「住むには最高だけど、移動が大変」と苦笑いが返ってきた。札幌に対する執着はない。

メディアで語られる音楽のカテゴリーやリスナーの