キーワード

手塚

手塚治虫の愛した店。

 アトムが生まれた町、高田馬場に店を構えて60年目を迎える〈一番飯店〉。ここでは手塚治虫が好きな具材だけで作ってほしいと頼み、執筆中によく食べていた特製上海焼きそばを味わえる。具材はリクエスト通りの鶏肉、エビ、アサリ、イカ、葉野菜、シイタケ、キクラゲ、フクロタケ。紹興酒の香りと素材の旨味が生きている。食べる時間も惜しんで描き続けた手塚はいつも1日1食で、それに合わせて一皿の量も多め。割り箸を使わな

帰る場所があるから大丈夫。|松浦弥太郎

 手塚治虫、谷岡ヤスジ、赤塚不二夫。この3人は天才です。彼らの1000ページの本を読むことは、3人の天才と付き合うっていうことだと思うんです。それぞれに哲学があって、手塚治虫ならば“生きる”こと、谷岡ヤスジならば“気持ちイイ”、赤塚不二夫は、やっぱり“バカ”っていうことかな。その3つの哲学は、松浦弥太郎という人間を構成する基本要素になっているかもしれません。「生きる」「気持ちイイ」「バカ」と言うと

テントの家

 木の家は数あれど、ここまで開放的な家は珍しい。鉄やコンクリートの構造に比べ一般的に、木造は大開口や大空間が作りにくい。開放感と木の空間の両立にはハードルがあるのだ。
 建て主が住宅に求めたのはずばり開放感だった。夫妻は山や緑が好き。家を建てるならシンプルで景色を存分に楽しめる開口部の広い家にしたいと、何日も推敲を重ねたメールとともに、心地よいオープンな住宅の名手として名高い手塚建築研究所に設計を