キーワード

韓国

コーヒーショップは、まずこの6軒へ。

ホスピタリティに溢れた、メルボルンの最前線。

〈ST. ALi〉〈Seven Seeds〉で働いた経験を持つボーウェンの店。メニューは「家ではミルク入れるかどうかくらいでしょ?」というわけで、白・黒・フィルターの3種。ただし牛乳の温度を必ず測るという徹底ぶり。フィルターコーヒーはハウスブレンド、フルーティなシングルオリジンがある。

スポーツという枠があり、人間の普遍は可視化された。

五輪3連覇、国際試合13年無敗、哲学とプーシキンを愛読。ロシアの偉大なレスラー、アレクサンドル・カレリンは、かつてそんなコメントを残したという。スポーツは肉体を酷使する。ゆえに言葉を求めるのだと。それを丁寧に紡いだ本は、時にスポーツの芯まで届く。読まないのは損だ。硬骨のスポーツライター、藤島大さんが案内する。


スポーツの名著。こう呼び得る一冊には、いくつかの前提があるという。まずは書き手の愛。

光の当たる人たちの恋愛に あまり興味が持てなかった。| 黒木 華 (女優)

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』で、読んでない本などないような、驚くべき本の知識を持つ古書店店主に扮した黒木華さん。では映画に関して、黒木さん自身はー

「観てない映画はいろいろあるので、今回何を挙げようか悩んだんですけど、一つ挙げるとしたら『ブルーバレンタイン』です。実は、恋愛映画をあまり観てこなくて、どちらかというと避けてきたんです。それでもこれはいいから、失恋経験のある人ならすごくわかるから

ハゲのこと、どう思ってる?

コラムのテーマでもあるように、俺はハゲを「色気」だと言っていますが、御三方は実際、ハゲのことどう思ってます? ちなみに、俺みたいに30代ぐらいでハゲちゃったら隠しますか? どうしますか? そろそろコラムのネタも尽きてきたので、もしハゲに聞いてみたいこともあったら教えてください。(ヘアメイク・矢口憲一/43歳/男)

今はダメ。使用済み燃料棒って言われてるんだ(笑)。|ジェームス三木

 夜は歌って、シナリオ養成教室の昼の部に入った。僕が書いた『アダムの星』を読んだ、野村芳太郎という大監督に松竹に呼ばれて。映画は約100シーンあって、最初、「使えるのは3シーンだけだな」。大急ぎで書き直すと「8シーンは使えるかな」。最後には「やっぱりこの話はダメだったね」とか(笑)。『伝法水滸伝』では、海岸に1頭のクジラが打ち上げられていると書いて、制作主任に「予算を考えてるのか」と怒られてね。監

韓国

 20代の頃から韓国に通っています。魅了されたのは野菜の多彩なおいしさで、特に旬の野菜を使ったナムルの奥深さは驚異的! ナムルと聞くと地味に思われるかもしれませんが、本場のそれはどこまでも個性豊かで、野菜は季節折々の旬のものが使われ、地方によって特徴があります。なかでも季節の短い山菜のナムルは、一瞬の旬を閉じ込めた特別なもの。地方へ足を延ばすことも多いのですが、「今は隣村のあの山菜がおいしいのに…