キーワード

原宿

素材感にこだわった初デニム。

満を持してデニムが登場。洗い込んでも生デニムのような風合いを保つ質感はデザイナーが一番こだわった部分。米綿のムラ糸を限界まで強く撚りピュアインディゴでロープ染色した縦糸で織り上げた。たっぷりしたワタリからテーパードしたシルエットの5ポケット。30、32、34、36インチの4サイズ展開。25,000円(オーラリー☎03・6427・7141)

70年代のソウルミュージックからもらったもの。|永井 博

 1968年からディスコへ通い始め、ソウルミュージックに魅了されました。当時お店でかかっていたのはジェイムス・ブラウンや〈モータウン・レコード〉など、日本でも発売されていた曲が中心。思えば、大した知識なんかなかったんです。
 73年にイラストレーターやデザイナーたちと、40日間かけてアメリカ各地を旅行した時のこと。みんながすぐにNYへ向かう中、僕と湯村輝彦さんと数人だけ、西海岸に残り、LAやサンフ

高め設定のハードルを越えた先に自由がある。|上田慎一郎

 ルールに縛られるのはナンセンスだと思う。でも僕はあえて、一定の負荷や枠組みを用意して、そこに自分を追い込むことで、火事場の馬鹿力的なポテンシャルを最大限に活かすパフォーマンスができると信じている。映画でもワンシチュエーションに絞って、その中で面白いことをしようと模索した。同じように所持金ゼロ、移動手段はヒッチハイクと決めて沖縄へ向かったことがある。当然、困難の連続。だけど到着した時の達成感や自由

GR 8

 トレンドの中心にあるHYPEなものを数多く揃えるGR8。代表の久保光博さんの確かな審美眼でバイイングされるブランドは、マーティンローズ、ア コールド ウォールなどの人気デザイナーズブランドに加え、コットワイラーやチャールズ ジェフリー 
ラバーボーイといった英国のアップカマーまで要所を網羅。ハイエンドとストリートブランドの境をなくし、デザイン性の強いアイテムを、若者の聖地・原宿で発信。

スニーカーなのに本格スペック。

スニーカーなのに本格スペック。

世界最大のスポーツ見本市『ISPO 2018』のハイキング&トレッキングフットウェア部門で、見事に金賞を受賞した《エキソストライク》の新モデルが登場。アッパーには防水性に優れたゴアテックス素材を使い、衝撃吸収性のあるソールを採用。街と山の両フィールドで活躍する機能を踏襲した。31,000円(エコー/エコージャパン☎0120・974・010)

暖かさも柔らかさもハイクラス。

暖かさも柔らかさもハイクラス。

見るからに暖かそうなベージュのジャケットは、最高級のムートンを使用した一着。小ぶりのラペルでジャケットのシルエットを装いながらも、2つの胸ポケットと裾の形をシャツ風にアレンジして、ユニークなアウターに仕上げている。高級素材をあえてカジュアルに着るのがかっこいい。560,000円(サルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパン)

洗いすぎは注意!一日一度、適切なケアを。

 頭皮ケアにも力を入れる神宮前のへアサロン〈ツイギー〉のヘアスパリスト、渡辺奏子さんは「間違った洗髪法を行っている人があまりに多い」と危惧する。
「洗髪において欠かせないのは、きちんと汚れを浮かし洗い流すことです。とても基本的なことですが、意外と大事なステップを怠っている人が多い。肝心なのはシャンプー剤を頭につけるまで。洗髪前のブラッシングと、“湯シャン”で7割の汚れを落とすことができます。残りの

ツーブロックの、前下がりのボブ。|高木康行

ちょうど7年前、この髪形に落ち着いてからというもの、髪を切りに行くのは2ヵ月に1度。いつも「サイドを9㎜に刈り上げて、襟足が隠れるくらいの長さの前下がりボブで」とオーダーしています。サイドが伸びたら、バリカンで少し剃るだけという維持のラクさも気に入っています。いつも掛けているメガネとのバランスもちょうどいいような気もしていて。特に気にしたわけではないのですが、〈原宿キャシディ〉の八木沢博幸さんや坂