キーワード

大阪

(噂 その12)スパイスカレーの聖地で話題の美女カレーカレンダー。

 大阪の街に増え続けるスパイスカレー専門店。その多くの店内で見かける謎のカレンダーをご存じだろうか。下着姿や水着姿となった美女とカレーを一緒に写す、その名も『BIJINCURRYカレンダー』。制作をしているのは、写真家の伊藤菜々子さんだ。「カレー店〈Buttah〉の川崎誠二さんが雑誌『カジカジ』から企画の依頼を受けたときに、女性とカレーを絡めた企画を提案して、で、私に声をかけてくれたんです」。ひょ

(噂 その10)地ソースが選べるたこ焼き店と、 焼酎さえも大阪産の居酒屋がある。

 大阪の阿倍野にある、たこ焼き屋と居酒屋。2軒の共通点は、大阪産をウリにした飲食店ということ。ふんわり柔らかな口当たりのたこ焼きをサーブしてくれる〈たこ焼きソース〉は、大阪産のたこ焼き専用ソース7種を揃え、たこ焼きにかけるソースを選べる。〈オオサカ堂〉では食材はもちろん、焼酎に至るまですべてが大阪産という徹底っぷり。もちろん、サーブする品は絶品揃い。この2軒をハシゴすれば、大阪のローカルフードや酒

(噂 その9)『カバチタレ!』の作者に酒場で会うと、 似顔絵を描いてもらえる。

 ウラなんばの酒場で漫画家の東風孝広さんが描いた似顔絵を発見することがしばしば。『カバチタレ!』や『特上カバチ!』などの作画を務める東風さんだが、聞けば、似顔絵千人斬りの真っ最中で、事務所近くの酒場を訪れては似顔絵を描いているのだそう。「4年ほど前に修業のつもりで始めたんですが、大阪の酒場はノリがイイのでみんな描かせてくれるんですよね」と、東風さん。似顔絵は無料なうえに持ち帰れる贅沢さ。出会えたな

(噂 その8)太陽の塔だけじゃない、 “会いに行けるTARO”。

 なんばの髙島屋には、2011年に約40年ぶりにお目見えしたタイル作品がある。1970年頃まで大食堂に飾られていたという作品で、長年ひっそりと保管されていたが、見事な修復作業を経て、今ではレストラン街の顔となっている。そして、太陽の塔の帰りに立ち寄りたいのが江坂。実は、ダスキン本社ビルに、岡本太郎が手がけた縦8mの陶壁画がある。880ピースもの信楽焼を組み合わせた大作だ。

(噂 その7)大正エリアを盛り上げるリバーサイド施設がオープン。

 川と海が周囲を取り巻く大正は、大阪の中でもいってみれば離島のような位置にある。そんな大正を先導する曳き船(タグボート)をイメージした新スポットが1月に誕生した。コンテナやドラム缶まで活用しつつ、店ごとにネオンが輝くその姿は、川べりの立地にマッチ。入居するのは、大正のガード下で親しまれてきた地元店〈沖縄酒場きじむなーの森〉をはじめ、薪窯を備えた船上レストラン〈PIZZERIA DA DOTS〉、堀