キーワード

ツールボックス

すべては彫刻作品。日本の茶道を媒体にしたトム・サックスの世界。

 NYを拠点に現代アートシーンを騒がせているトム・サックスが、彼流の茶道“Tea Ceremony”の展示を引っさげ来日した。〈Makita〉の電動工具で動かす茶筅、PEZやオレオの茶菓子、NASAのロゴが入ったちょっと不格好な手作りの茶碗に工事現場のような茶室など、独特に作り上げられたその茶の世界は、身近な素材で作られているキッチュさがある。一方、茶道のしきたりの要点を的確に捉えていて、日本人を

PUEBUCO

 インテリア・家具の世界では知られた人気のお店。キャンバス、鉄、真鍮などの素材を使ったインダストリアルな雰囲気のオリジナル商品と一部ヴィンテージの品揃え。「自由に使ってほしい」という思いが詰まったアイテムたちは、アノニマスなヴィンテージのデザインに発想を得たものが多い。5ℓのステンレス製ジャグや、水に強いラミネートキャンバスのシート、p.34で紹介したスチールツールボックスなどは、アウトドアにもぴ

Tool Box & Sack(ツール入れ)|大切な道具はしっかり収納しよう。

絶僕は地面の質に合わせてペグを使い分けるので、常に数種類持っていきます。でもしょっちゅうなくしていたのも事実……。ペグやハンマーを入れるための頑丈なケースを探していた時に出会ったのが、このコンテナ。それ以来20年近く使い続けていますが、いまだにびくともしません。ペグ以外にもガス缶を入れたり、調理道具をまとめたり。シンプルゆえの万能さがあるのです。¥5,900(スノーピーク☎0120・010・660

Knife(ナイフ)|機能を取るか、切れ味を取るか?

キャンプに行く時はいつもこれ一本。薪を細かく分けて焚き付けを作る時にはノコギリが便利です。斧やナタは熟練が必要ですからね。プライヤーは金具類の補修のほか、ペグを抜く時にも使えます。波刃のブレードはロープなどを切るのに最適ですし、缶切りも付いています。今までキャンプで使ったことのない機能がちょっと思い当たらないくらい、よくできたツールです。¥18,000(ハイマウント☎03・3667・4545)

ウール素材のボストンバッグ。

昨年末、表参道にオープンした、日本初の〈チャーチ〉旗艦店には、レザーシューズ以外のグッズも充実。ノーサンプトンの老舗レザーブランドである〈タスティング〉社と製作したバッグもその一つ。ほかにも英国ブランドとタッグを組んだ、数々のアイテムが揃う。H39×W53×D29㎝。65,100円(チャーチ/チャーチ 表参道店☎03・3486・1801)