キーワード

BBQ

タコス

自家製タコスを日本に広めたパイオニア。

・メキシコ在住歴を持つオーナーが、現地スタイルを踏襲して作ったタコス専門店の先駆け。
・トルティーヤには自社輸入のメキシコ産コーン粉を使用。これを店内でハンドメイドする。
・テキーラ&メスカルは100種以上完備。現地蒸留所から直輸入した日本未流通の銘柄も。

タコスは全6種。ポーク400円。タコス400円〜。2種を選べるセット900円。テキーラハイボール7

【PR】ブラックニッカ第一回チーフブレンダー佐久間正さん、 ブレンデッドウイスキーのつくり方、愉しみ方を教えてください。

ノンピートモルト(ピートを炊き込まずに乾燥させた大麦麦芽)のみを使用することでウイスキーの味わいに新たな価値観をもたらした、歴史に残る名品です。やわらかな香りとまろやかな味わい、クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ。アルコール度数37%。

・180ml びん 290円
・300ml びん 470円
・700ml びん 900円
・1920ml びん 2,330円
・1.8L ペット

波の音を聞き、沖縄の原風景に癒やされる。

「アマミク」とは、琉球の島々を創世したとされる女神の名だ。沖縄本島北部の神話では、北端の辺戸岬に上陸し、今帰仁にクボウ御嶽を創り、備瀬を通って南部に向かったと伝わる。

〈海辺の宿 あまみく〉があるのは、そんな神話の時代から変わることのない、沖縄の原風景を今に残す稀少な海岸。岩場の上にポツンと立つ宿の両側には天然ビーチが広がり、2階の部屋からは、ペールブルー、エメラルドグリーン、コバルトブルーと変

MASTERBUILTのバレルグリル|吉川倫平

 アウトドアはずっと好きで、店のガスコンロではできないような料理にも挑戦できるので、屋外イベントには積極的に参加するようにしています。屋外で料理をする時には、荷物が増えるのを少しだけ我慢して普段から家で使っている調理道具やテーブルセットを持っていくと、ぐっと素敵なパーティになると思いますよ。
 でもこのBBQグリルは、仲間と外で料理を楽しむ時だけのお楽しみ。かなり大きいんです。1年前に友人のものを

Green|週末の時間が好きになる環境を求めて。 どこにいても、庭と緑が感じられる家。

別荘地で知られる神奈川県葉山町。「EAT GOOD」をテーマに食と向き合い、〈麹町カフェ〉などを手がける松浦亜季さんは、4年ほど前、東京都心部の集合住宅から、ここ葉山の家に移り住んだ。決め手はグリーン、緑豊かな環境だった。

 1970年代に宅地開発された葉山町の山あいの一角。家は築42年の木造2階建てで、敷地北側の庭は、町が所有する里山へと直接つながっている。すぐそこに聳える、木々に覆われた崖の

French Delicatessen Kamiya

中目黒〈ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ〉のオーナーシェフが手がけるシャルキュトリー。スパイスを使ったワインに合う加工肉を豊富に揃えており、惣菜類も人気がある。土日限定で登場するローストポークサンドに使う熟成三元豚は1度真空状態にし、低温で火入れ。1日寝かせてから80℃のスチームで戻すため旨味が凝縮されており、驚くほどやわらか。自家製BBQソースとの相性も抜群だ。1,200円。