キーワード

アート

My Calling (Card) #3(1986) | エイドリアン・パイパー

突然ですが、どんな名刺をお使いですか? 最近は、氏名とメアドのみが記された情報の少ないものや、LINEのIDが入ったものなど、様々な名刺を見かけますね。でも、名前どころか「お願いだから私に連絡したり触れたりしないで」と書かれていたらどうでしょう。もう本来の名刺の機能は失われてしまっているようですが、手短に自分を紹介できていいかも? ほんとは、知りたいのは名前や肩書よりも、その人の裏の部分だったりす

「その先にあるものとは?」。アートが紡ぐ物語。

その半生をヨーロッパで過ごし、絵画や彫刻、映像など幅広い制作を続けてきたイケムラレイコ。「年を重ねるとともに、自分の心に素直になってくるものです」という彼女の瞳は、まるで少女のよう。「自国だけでなく世界の国々を、そして地球を思う。さらにその先にあるものを想像して」。イケムラが生み出す作品は、生きとし生けるすべての存在をあるがままに受け入れ、繋がることがなかったはずのものたちを優しく紡ぐ。その物語は

アレキサンダー・ジラード|出会ったらマストバイな超稀少ヴィンテージプロダクト

ラテンアメリカをテーマにした伝説的なレストラン〈ラ・フォンダ・デル・ソル〉のために、内装はもちろん、メニューやサービスワゴン、トイレの蛇口に至るまで、店内のあらゆるものをジラードが手がけた。特に人気の高いテーブルウェアのシリーズは、商品化を希望するファンも多いアイテムになっている。

世界はグラフィカルだ!

クレヨンを手に入れた子供が太陽と山と木と花を描くような愛着や、「大自然の姿は共感を得やすいよねー」という策士の目でもって、日本人は自然に親しみ、四季の景色を描いてきた。では明治維新後、新たな日本絵画を創設しようともがき続けた画家たちは、自然をどう描いたのだろう。菱田春草や速水御舟や福田平八郎は、徹底した写生や西洋の遠近法を取り入れた三次元的描写を経て、琳派の色彩や意匠を研究。平面的で装飾的な画面を

近代絵画のブルース。

「リアルこそ至高」を伝統とする西洋美術が本格的に流入し始めた明治時代。西洋画を見た画家たちの「ホンモノっぽい!」という衝撃から、日本の油絵はスタートした。幕末に来日したイギリスの画家ワーグマンに学んだ高橋由一は、明治維新後の美術界を変えるのは真に迫る表現ができる洋画だと胸躍らせる。日本初の油絵を描き、私塾を作ったり美術雑誌を発行したりしてその魅力を広めた。後に続く洋画家たちも、留学したり西欧の画家

絵とアバンギャルド。

戦意高揚という明確な使命の下で描かれた戦争画が現れる前、つまり大正から昭和初期に日本の洋画界を席捲していたのは、戦争画とは真逆の、画家の自我を尊重する「主観上等!」な絵画。その背景にはもちろん西洋の芸術運動や芸術思潮があったのだが、中でも大きなトピックは、シュールレアリスムやダダイスムなど、ヨーロッパの前衛芸術に感化された画家が登場したこと。急速な都市化が進み、非人間的な気配が広がる時代にあって、