キーワード

ヤバい

つい口走るセクハラ。

部下を早く帰してあげたくて「嫁入り前の娘をこんなに長く働かせたくないんだよ〜」とか、セクハラを気にしすぎるあまりに笑えない一言をつい口走ってしまいます。悪気はないんですが、空気が凍る。すぐにハッとして「お前頑張れ」とかごまかすと、余計に変な空気になるし。そんな時、どうするのが正解ですか?(会社役員/59歳/男)

成り上がりの象徴? 単なるキャラクターの一つ? 芸人にとって、“スニーカー”とはなんなのか?

オーダーメイドのスーツに、ピカピカの革靴。昭和の芸人が、観客の待つ舞台へ上がるための正装としてあつらえた最大級のお洒落。時は流れて平成、そして令和へ。芸や演目の多様化から、お笑いの場所は劇場を中心としながらもテレビへと広がっていった。そして、芸人のお洒落も、スーツに革靴から、カジュアルなファッションにスニーカーが定番に。テレビ番組『アメトーーク!』の「スニーカー芸人」で、莫大なコレクションとともに

本国を代表する、新進気鋭のドイツ人俳優が、日本人演出家と再会。

本作『希望の灯り』や『未来を乗り換えた男』など、国際的に高い評価を得るドイツ映画に続けて主演し、一躍注目を集める実力派、フランツ・ロゴフスキ。どこかアキ・カウリスマキ作品を彷彿させる今回の映画では、寡黙で謎めいた男を抑制的に、確かな演技プランのもと演じている。2018年にミュンヘンで上演された、彼の出演舞台『NO SEX』の作・演出家、岡田利規と東京で再会した。