キーワード

投資家

スニーカー株式市場の生みの親Josh Luberが語る、“スニーカー投資”の世界。

証券コードのような数字が流れる電光掲示板、そして高値がつくレアなスニーカーたち
  
史上初の「スニーカーの株式市場」といわれる〈ストックX〉の社内スタジオの光景である。この掲示板には「スニーカーヘッズ」と呼ばれるマニアたちが、〈ストックX〉上でスニーカーを売買する価格をもとに算定された今日の「相場」が映し出される。そして今、このプラットフォームでは2万6000足ものスニーカーが売買されている。

お金のいらない時代が やってくるとしたら。| 伊藤直樹×山口揚平

僕たちの会社ではデジタルを使って人の体験をデザインします。「未来の体験を社会にインストールする」ことが社是なんです。シェアリングエコノミー(*1)が進む世の中でモノや情報をやりとりするとき、分散型でそれぞれ台帳管理ができて、セキュリティを保ちながらP2P(*2)通信が可能なブロックチェーンは革命的だと思いました。社会で動かすものを実際につくるという意味で、自分たちでゼロからビジネスモデルを考え、デ

2018年の、本の話。

アメリカの作家、ジョン・アプダイクはスポーツエッセイを結構残しているが、芸談としてこんなことを言っていた。

「スポーツ・ライティングは、ボールが小さければ小さいほど、書いていて面白い」

彼にとってはバスケットよりアメフト、アメフトよりも野球、テニスの方が面白かったってこと。アプダイクがいちばん愛してたのはゴルフだったかな。

2018年も振り返りモードになったけれど、今年も小さいボールのスポー

キャバ名刺

●名前/カズ

●職業、年齢/個人投資家、36歳

●蒐集スピード/コレクション開始2年半で500枚に到達。47都道府県制覇はわずか10ヵ月で達成した。1日数軒のはしごは当たり前。埼玉、群馬、千葉、栃木、茨城の関東圏は、それぞれ1日ずつ計5日で制覇。

●誤解/名刺ホルダーやアタックリストを携帯しているので、「同業のスカウトと間違えられる」こともしばしば。

●ローカル/地方のお店に行った際には、