キーワード

添加物

【恋とサボテン、そして、時間。】日本とメキシコを結んだ深い愛の物語。

 うまいものを食う、というのは、恋愛に似ている。たとえば、とてもうまい寿司屋を予約し、その日が近づいて来るワクワク感、そして、緊張感、いざ、おまかせのコースが煌びやかに目の前に現れる時感じる、前戯、本番、ピロートークみたいな、ここはベッドの上かと錯覚するような流れ、支払いのときの、もっと払いたいというマゾッけ。いろいろひっくるめて恋だわー、なんて思うことはなかろうか? 私だけだろうか? 

 今回

買い物も楽しい食材店。

トリュフオイルやバターなど、使い方のヒントを聞いて家でも。

イタリアの食文化の一つであるトリュフ。収穫から加工までを手がける〈ムッチーニ・イタリア〉のアンテナショップがこちら。オーナーの林慈美さんいわく「イタリアの家庭では加工品を使うのが一般的」。ここに来ればテイスティングだけでなく、イートインスペースでトリュフメニューを味わいながら、トリュフを使ったオイル、バター、ペーストなどの使い方も聞ける

HUGSY DOUGHNUT

特注カーゴバイクに手作りドーナツを載せて売り渡る、神出鬼没の行商ドーナツ店〈HUGSY DOUGHNUT〉。聖蹟桜ヶ丘の駅前や公園、イベント会場へと、自転車で行けるところならどこへでも! 旨味調味料や添加物不使用のNYスタイルドーナツは、ふわっふわで優しい味わい。小麦粉の味をシンプルに楽しめる「ハグジードーナツ」、紅茶フレーバーの生地にハチミツレモンをのせた「エリザベス」など、メニューは日替わり。

Startup Supermarkt

 欧州スタートアップ都市として注目されて久しいベルリンだが、市民の中にはその実感があまり湧かない人も少なくはない。そこで多くの人にテスト商品を知ってもらうために販売、同時に市場調査を行おうと開店したのが〈スタートアップ・スーパーマルクト〉だ。
 始めたのは、マーケティング調査会社〈ビーフィー・インスティテュート〉と清涼飲料会社を立ち上げたオラ・クレックナーさんら有志たち。老若男女、かつ多国籍の人た