キーワード

駿河台

ハゲとヘナ続編。

前回

ヘナのおかげか、最近、毛がしっかりしてきたとお伝えした。その後は? というと、ハゲてても頭皮をよ〜く見ると細かい産毛がいっぱい生えていて、ヘナ2回目ぐらいから、ハゲではあるが明らかに太さが変わって濃くなった。女性がよくやるヘアパック、ハゲには全く縁はないが、ヘナのパックだったら薄毛関係な

ハゲとグラスホッパー。

 俺のサロンにハゲのお客様がちらほら来てくれている。そこでよく聞かれるのが、ハゲにいいシャンプーありますかね? 石鹸でいいんじゃないですか、とは決して言えない。俺も職業柄いろいろ試すし、デパートなどにも探しに行くが、メンズ専用といえばスポーツ系のメントールの入ったスースーするものが主流。これじゃつまらない。第一、ハゲにとっては寒すぎるし、夏の疲れで弱った頭皮にもよくない。メンズとはいえ、常に心に花

ハゲと夏のランチ。

 もう暑い。夏本番はもっと暑いと思うとハゲた額から汗が滲み出てきた。バタバタでオープンの遅れたヘアサロンは、小さいながらも居心地がいい。金額的に迷った揚げ句に新調したエアコンも威力を発揮して、俺のハゲ頭はいつも涼しい。駿河台、この辺りは毎日、昼になるとランチでごった返す。昼、サロンの2階の窓から人間観察をするのが日課になってしまった。皆さまの御協力で雑誌やウェブでサロンを紹介してもらってはいるが、

ハゲと駿河台。

 18歳で美容師を志してから、24年目になる。もうすぐ43歳の俺の頭は、今やすっかり禿げ上がった。まだ毛があった10代、最初に鏡の前に立った下北沢では若者カルチャーを学んだ。次の自由が丘ではマダムの優雅さを学び、表参道ではハイ・ファッションを学び、毛量わずかにして辿り着いた先は、神田駿河台。ここに今年春、初めて自分のサロンを持ったのだ。本、カレー、音楽、スポーツ、大学、病院、オフィスもある、駿河台