キーワード

生物学

コントだけじゃない、やっぱり小林賢太郎が面白い。

小林賢太郎といえば、ラーメンズの、あのシュールな独特のコントを真っ先に思い浮かべるかもしれない。2016年には自身率いるコント集団〈カジャラ〉を立ち上げ、現在4回目となる公演『怪獣たちの宴』が全国を絶賛巡演中だ。とにかく笑える2時間が過ごせるのでぜひ足を運んでみてほしいのだが、会場では上演台本が販売されているのも面白い。その前書きには、「コントや演劇のトレーニング器具として活かしていただければ嬉し

なぜ人は、見えないものに 惹かれてしまうんですか?

福岡伸一 小林さんはキュリー夫人をテーマに執筆されていますが、今日の議題は物理学? 私の専門は生物学ですが(笑)。
小林エリカ 今日ぜひお話ししたいと思っているのは「見えないものを見る」というテーマなんです。放射能について調べていく中で強い印象を受けた話があって。それはラジウムを発見し、世界で初めてそれを目に見える形で取り出したキュリー夫人がそれを「妖精の光」と呼んで、毎晩枕元に置いて眠っていたと

Googleとマインドフルネス。

Google社員が幸せで能率的に働ける環境を作ること。それが人材開発部所属のビル・ドウェインさん率いる部署のミッションだ。
「そのカギは、EQ(心の知能指数)
を高めることです」
 EQとは、自分の感情を認識する能力、ほかの人の気持ちを理解して共感する能力、自分の感情をコントロールする能力のこと。
「例えば衝突は、悪いものだと考えられていますよね。意見が対立する同僚や上司に対して“嫌なヤツ!”と憤