キーワード

島の人

裸体デモクラシー。

ヌードを芸術として描き、公の場で鑑賞するという文化が日本に入ってきたのは明治後期。美しい裸体表現は精神の美を表す手段であると考える西洋では、ヌードが絵画の重要ジャンルであり、宗教画の場面という言い訳でエロスとしてのヌードもたくさん描かれてきた。が、日本ではそういう西洋のヌードに触れるまで、エロスを描いた春画はあれど「裸体」ジャンルはなし。日本の裸体デモクラシーは意外と最近のことなのだ。明治中期に渡

COFFEE UNIDOS (福岡/糸島)

糸島の人気アンテナショップの中にある〈Tana Cafe〉の姉妹店として2013年オープン。店主の田中裕之さんは、自宅の一角から焙煎を始め、同年から豆のダイレクトトレードを開始。以来毎年2月にエルサルバドルとニカラグアへ。生産者と一緒に農園を巡り、食卓を囲んで意見交換も。「彼らが一番いい豆を分けてくれるから。大切に焙煎しようという思いは強いです」。店内には試飲ボトルが並び、全種類の飲み比べができる

田中戸

 あそこに行ったらあの喫茶店に寄ろう。そういう楽しみのある街は素敵だ。たとえ1年に1度しか訪れないとしても、旅先で浮き立ちすぎた気持ちを落ち着かせるのにちょうどいい店。伊予鉄道高浜線の三津駅前から松山市中央卸売市場がある漁港とフェリー乗り場に向かって商店街が真っすぐ延びている。シャッターを閉め切った建物が多い中、通りに面した大きな窓から様子がうかがえる、明らかにまわりとは雰囲気の違う店がある。それ

テーマ〈蚊帳の外〉

宮沢 若い頃、なんの組織にも属してなかったんだよ。で、そういった会社とかに近づくと必ず内部で2派に分かれていたりする。仲が悪かったりして、中の人たちは大変なんだよ。俺は外の人だから、だいたい間に入ってどちらからの意見も聞かされて、はたから見てるとあれは面白い。
やつい でも、そういう意味では、演劇なんて最たる例じゃないですか? 一つグループができたら、それに対抗するグループができて、みたいな感じで

鹿児島県/与論島

“楽園”と聞いて思い出すのは、奄美大島の与論島。特に、潮が引いた時だけ現れる百合ヶ浜から眺める波紋や、明るい青のグラデーションは言葉にならない美しさです。
 与論島には独特な文化があって、島の人たちは、祖父母から受け継いだセカンドネームで、マニュさん、グラさん、ジャーさんなんて名前で呼び合っていたりします。島の漁師さんたちと一緒に海に出かけると、いいダイビングスポットへ連れていってくれるし、海で獲