キーワード

31日

近代絵画のブルース。

「リアルこそ至高」を伝統とする西洋美術が本格的に流入し始めた明治時代。西洋画を見た画家たちの「ホンモノっぽい!」という衝撃から、日本の油絵はスタートした。幕末に来日したイギリスの画家ワーグマンに学んだ高橋由一は、明治維新後の美術界を変えるのは真に迫る表現ができる洋画だと胸躍らせる。日本初の油絵を描き、私塾を作ったり美術雑誌を発行したりしてその魅力を広めた。後に続く洋画家たちも、留学したり西欧の画家

手廻し焙煎機と深煎り。あの名店の系譜を継ぐ、若き店主が目指すもの。

昨年11月、高円寺の住宅街にひっそりとオープンしたコーヒー店。わずか4・7坪の店内に座席は7席のみ。店主の飯田優人さんは、コーヒー愛好家ならご存じであろう、恵比寿の〈珈琲 トラム〉出身。2013年12月に店を閉じた〈大坊珈琲店〉の最後のスタッフの一人・古屋達也さんが開いた店であり、手廻しロースターによる深煎り焙煎とネルドリップという、名店の流れを受け継いだ店だ。そこで経験を積み、昨年8月31日に〈

未知への好奇心、空想へのときめきを忘れずに…。

兄の藤井健一郎氏、弟の輝彦氏を代表として、福岡を中心に活動をする〈krank marcello〉。2002年にアパレルと雑貨を扱う〈marcello〉を、04年に家具店〈krank〉を設立し、その店舗を舞台に独自の世界を紡ぎ出してきた。自然や草花、光や風の存在を感じてほしい。krank marcelloの創作のすべてには、そうしたコンセプトがひそかに織り込まれている。

今回の展覧会タイトルは『ぼ

『愛犬ポリーの死、そして家族の話』の脚本について。

作・演出:根本宗子/出演:青山美郷、村杉蝉之介、瑛蓮、小野川晶、根本宗子、田村健太郎、岩瀬亮、用松亮/愛犬ポリー(村杉)の死をきっかけに完全に心を閉ざした森家の四女・花(青山)は、数ヵ月後ポリーにそっくりの男と恋に落ちる。「信じること」をテーマに家族同士の理解と再生の物語を描く最新作。12月20日〜31日、本多劇場で上演。http://www.village-inc.jp/nemoto16/

高橋ヨーコの写真展が開催。前夜のパーティに、旧知の仲間たちが集結!

 フォトグラファーとして活躍する高橋ヨーコさんの写真展『SANDY HEAT, WHITE LAND』が開催。今年6月に高橋さんが暮らすサンフランシスコの〈Playmountain EAST〉で行われた同名のエキシビションが好評で、その巡回展として、9月1日から24日まで千駄ヶ谷の〈Playmountain〉と葉山の〈SUNSHINE+CLOUD〉で同時に行われました。高橋さんが写真展を行うのは、

渋谷 呑み処〈細雪(ささめゆき)〉の 「肉豆腐」

 今年の3月31日、昭和な大人しか辿り着かない老舗居酒屋が、約50年灯した赤提灯の明かりを消した。渋谷・呑み処〈細雪〉。お世辞にも綺麗とは言い難い店内、お客をお客として扱わない接客。“本当に平成29年の渋谷かよ!”とつっこまざるを得ないお店だったが、逆にそれが心地いいと感じる昭和の大人たちで、いつも満席。どの肴を頼んでも“絶品”とは少し違う、圧倒的昭和の味。その中に、常連がほぼ100%の確率で頼む

Friday Disasters(2007)|ジョージ・ウィディーンアー

 アメリカ人のアーティスト、ウィディーンアー(1962−)。実はこのお方、スパイ、ホームレス、賭博師……と驚きの肩書(?)に、自閉症者でサヴァン症候群という特異な才能を持つ、一筋縄ではいかない人物です。そんな彼、子供の頃から「カレンダー」に取り憑かれているんだって。数字は日付に置き換えないと認識できないそう。「ほかの子たちがオモチャで遊んでいる時に、僕は日付を並べていたんだ」というように、その執着