キーワード

骨董品

プロも買い付けに訪れる 大須観音骨董市で、お宝発掘。

日本一元気な商店街といわれる大須商店街のシンボルでもある観音さんの境内で毎月18日・28日に開催される〈大須観音骨董市〉。器や刀剣などの骨董品から、レトロなおもちゃやがらくたまで、常時70店舗ほど出店する骨董市は42年間も愛され続けている。骨董とは目利きの世界! 1,000円で買ったものが100万円のお宝だったなんてことはざらというから驚きだ。宝探しの気分で、買いやすい値段の豆皿や花器など、自分の

スペシャリスト2人が語る、伝統建築のこと。

藤塚光政 さてまずはここ、宮城さんのホームグラウンドでもある平等院の話から始めましょうか。鳳凰堂って、洲浜のせいか甲殻類が池に入っていくようにも見えるし、また翼廊と尾廊があるせいか、そのシルエットが鳳凰よりオスプレイのように見える。ほかにはない特殊な平面の建築だなと思いました。
宮城俊作 そうですね。ある意味で具象建築ですね。平等院は、遣唐使の廃止後、和様が独自の発展を遂げて形を成しつつあった時代

もののプロファイルでなく、バイブスを受け取りたい。|中村ヒロキ

「この道の一大事は、和漢この境をまぎらかす(日本と中国のものの境目を曖昧にする=混ぜる)こと」。室町期に「侘び茶」を創始した茶の湯の開祖・村田珠光の言葉を現代にまで繋げてみるとすれば、中村ヒロキさんのセンスこそはその「最前衛」といえる。伝統的な日本家屋の自宅にしつらえられるのは、安土桃山時代の器からフランスの古布、アーミッシュのキルト、エチオピアのハットまで……、「和漢」どころか日本と世界中を、し

繰り返し、繰り返し、見尽くせない魅力を味わう。|鈴木理策

「生きている間に、これだと思う盃を5つ、徳利を2つ見つけたい」。“皮鯨”と呼ばれる唐津の盃を手に、そう話す写真家の鈴木理策さん。縁に鉄釉をかけた桃山時代のこの盃は、6年前に知人から譲り受けたものだ。
「きっかけは10年ほど前。友人宅に食事に招かれ、骨董の器が並ぶ食卓の光景を見て感動し、興味を持つようになりました。その後、縁あってこの皮鯨が私の手元にやってきまして、盃一つでは寂しいので、隣に置いても

自分で決めたルールの中で、電子機器に侘び寂びを見る。|伊藤 弘

 アタッシェケースを開けると、中から現れたのは鍵盤がセットになったシンセサイザーだった。《EMS Synthi A》という1970年代の初頭に作られた名機。古いものには、強い興味はないという伊藤弘さんだが、「風流ではあるよね」と音を鳴らした。
「可聴の帯域よりも外の波長が出るんです。脳みそに突き刺さるような音が出るのが、ほかのシンセサイザーとは違うところ。シンセは初期には波形をいじるちょっとした化

使っている時の楽しさを想像しながら、買い集めている。|森岡督行

 築80年を超えるビルに古書店を構える、森岡督行さん。目の届く範囲でと、たった100冊ほどの本を並べる空間に、愛する古道具も大切に置かれている。聞けば、古いもの好きの血は小学生の頃から流れていたという。
「叔父が譲ってくれた切手帳が面白くて、戦前の普通切手の色や柄に惹かれ、当時からお小遣いを全額投入していました」
 中学になると金貨。空き缶や古着を集めていた時期もあった。
「当時は根暗と思われるの

理屈よりも直感で。外国が日本の魅力を教えてくれた。|斎藤久夫

 ブランド〈TUBE〉代表であり、1970年代より洋服に携わってきたメンズファッション界の重鎮、斎藤久夫さんは、70〜80年代のロンドン、ニューヨーク、パリなど、海外で染付の器を買い集めた。
「若い頃は日本のものをそんなに愛していなかったんですけどね。ある時パリのマーケットでフランス人に鳥獣戯画の写しを見せられて、おまえにこの価値がわかるかと熱く語られ恥をかかされて。日本のものにそんなに価値がある

骨董の価値は値段ではなく、出合い頭で決まる。|原田マハ

 蓼科の自宅には、美術コンサルタントやキュレーター、そして今は作家としてアートに関わり続ける原田マハさん選りすぐりのものが揃う。「二度と会えない気がした」という楕円小皿は近江八幡の骨董店で見つけた。
「4枚セットで売っていたのですが、普通は5枚揃だからおかしいと思って尋ねたら、1枚はヒビが入って売り物にならないとのことでした。だからこれはおまけでもらったんです」
 4枚はパリに住む友人にプレゼント

どう使うかは持ち帰ってからゆっくり考えればいい。|吉田耕治

 紙の裁断所だった古い建物を改装し神楽坂の住宅地で花屋〈小路苑〉を営む吉田耕治さん。骨董に目覚めたのは、雑貨ブランドに勤めていた20代半ば。商品のデザインソースとしてアンティーク雑貨に触れるうちに、古いものへ惹かれていったという。
「錆びて、ペンキが剥げた、この質感が好きなんです。店の棚や机も似たようなものばかり。年代や国は気になりません」
 左端、蘭を植えた壺はベルギーの、シルバーのポットはパリ

そろそろ一流の暮らしやセンスを身につけようと思うんだ。|松浦弥太郎

 あの頃、僕にとっての「一流」とは「本物」だった。生まれてはじめて本物を手にしたのは、小学五年の時だ。中野区に暮らしていた僕は、若宮リトルリーグに入団し、硬式野球に励んだ。入団に際して、僕は硬式用グローブを母にねだった。神保町の〈美津濃スポーツ〉を訪れ、プロ野球選手用の「ワールドウィン」を選んだ。モデルは内野手用で、巨人軍の土井正三が使っているのと同じだった。頑として他のモデルに目もくれない僕を見