キーワード

理想的

ジョージ・ネルソン|出会ったらマストバイな超稀少ヴィンテージプロダクト。

1950年、雑誌『HOLIDAY』の企画で建設された家のためにネルソンがデザインした照明。77年に商品化されたが、数年で生産中止となった幻のアイテム。可動式のシンプルなシェードが、空間に柔らかな光の表情を作り出す逸品だ。写真のブラック塗装タイプのほか、クローム、真鍮ポリッシュと3タイプ展開されていた。

振利工具店

時代の移り変わりとともに、日本と同様、あるいはそれ以上に後継者不足となっている台湾の職人文化。創業80年余の〈振利工具店〉は、台南でも少なくなりつつある工房の一つで、3代目の吳天助さんが打ち出した刃物や工具が買える店。本格的な中華包丁や刺身包丁などもあるが、土産にするならどっしりと武骨な風合いの修竹刀や万能な小型ナイフ、そして台南のレストランから依頼を受けて製作したというカトラリー類など日常的に使

目の前にあると危険なほどの、白いフワフワを食す幸福感。|尾上松也

 ソフトクリームや生クリームなど、白くてフワフワしたものを見ると、非常に、気持ちが高ぶります。好きなのはなるべくゴチャゴチャしていない、シンプルな乳製品。クレープならチョコ生クリーム、ショートケーキはイチゴなしでもいいくらい。楽屋見舞いとして高級品をいただくこともありますが、ミスタードーナツのエンゼルクリームなんかも好きですね。とにかくそばにあると食べてしまうので、なるべく目の前に置かないように、

一つのことしかできない私。

女友達はほぼ結婚し、気づけば私も32歳。仕事は楽しいし大好きですが、仕事ばかりだと家から出ないので出会いもない。一度、制作にのめり込むと、好きな人に対しても音信不通にしてしまいます。それで何度かチャンスを逃しました。熱中しがちで一つのことしかできないのを、どうしたらいいですか?(イラストレーター/32歳/女)

香水未満、石鹸以上が理想的。|前野さちこ

大人の男性の場合、基本的には清潔感は肌に、色気は髪に宿ると思っていて。例えばディーン・フジオカさんは肌がすごくキレイですよね。食事も節制してそうだし。ただこれは見た目の話で、体感として大きいのは香り。近づいた時にフワッといい匂いがすると、気分がアゲになるんです。理想は香水未満、石鹸以上。特にたばこを吸う男性は、気をつけた方がいいですよ。需要があり得る、スネ毛脱毛よりも断然。オススメはモリンガパウダ

七三分け、オールバック風。|ソリマチアキラ

実は高校生の頃から髪形は同じなんです。モチーフは1950年代のアメリカの理想的な家族が描かれたイラストに登場する子供でした。それを真似して学生時代からデップのヘアジェルで髪を固め、ポマードでツヤを出すという作業を35年以上も繰り返しやってきました。だから、セットは誰にも負ける気がしません(笑)。この“基本型”を作るために月に1度、美容室に通いますが、「七三分けでオールバック風になるように整えてくだ

Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店

昨年3月、駒沢公園西口側の園内に登場した〈Mr.FARMER〉。契約農家から届く新鮮素材が人気の野菜カフェで、4店舗目となるここは近隣農家が作る野菜「せたがやそだち」も積極的に使用。朝7時から営業で、既に世田谷区民の憩いの場に。TO GOはヴィーガン対応のサラダやスムージーをはじめワインやスパークリングも対応。冷えた“泡”を園内のベンチで飲む至福も味わえる。