キーワード

ストックホルム

自分で組み立てる時計。

英国のデザイン会社〈インストゥルメント〉が手がけた腕時計。自ら組み立てるキット式になった面白いパッケージングが特徴。そんな遊び心のある見た目でも、中身は本格派! 高性能なスイス製のムーブメントと、腕に馴染みのいいスムースレザーとのセットで販売される。キット価格35,000円(インストゥルメント/フィート☎03・3719・1550)

Bires Demory Paris

 パリでは、大会社が大量生産するビールに飽き飽きし、職人の手によるより個性的で味わいのあるビールが人気となっている。
 実は、17世紀のパリは、ヨーロッパのビールの首都といわれたほど、ビールの醸造所が多かった。中でも〈ドゥモリ〉は、1827年創業の老舗中の老舗。1950年代に閉業したが、ビールをこよなく愛し、自分の醸造所を持つことが夢だった現オーナーにより2009年に復活した。〈ドゥモリ〉のビール

BOULDERING

〈HOUDINI〉のオフィスで営業担当のマグナスと待ち合わせている間に、初夏のストックホルムには珍しい雨がざあっと降ってきた。ボルダリングに雨は大敵。岩が濡れてしまうと摩擦係数が減り、ホールドすることが難しくなってしまう。「町の中心部が雨のときは、南東へ逃げるんだ。もしかしたら、雨を避けられるかもしれない」と急いで車を走らせた。さすが、アウトドアの達人は暮らす土地の天候を熟知している。マグナスの読

KAYAKING

「まるで水面をなでるように、パドルを動かすんだ」。ツアーを率いるガイドのロビンは、まったくのビギナーへの説明でも多くを語らない。沈したときの心得だけを伝える放任主義。でもそれが、スウェーデンらしい“大人”な旅の始まりだった。
 ストックホルムから東へ1時間のドライブ。さらにラフスナスの波止場からボートに乗り込んで30分。スウェーデン発のアウトドアブランド〈HOUDINI〉チームの旅に交ぜてもらった