キーワード

季節感

新鮮な海の幸。

小田原の朝獲れ魚介に2人のシェフが魂を込める。

オーナーは日本とイタリア両方のソムリエ資格を持つ淵本聖一さん。シェフはトスカーナの〈ダ・カイーノ〉などで修業した天野智詞さん、〈カノビアーノ〉などで研鑽を積んだ永原武史さんの2人。その強力な布陣により、創造性豊かな料理とワインを堪能できる店。魚介は小田原直送の朝獲れものが中心で、ワインは約300種を用意。「ワインのペアリングコースも3種類3,780

【PR】ブラックニッカ第三回〈ベンフィディック〉鹿山博康さん、 ブラックニッカの美味しい飲み方、教えてください。

バー・ベンフィディックを訪れたゲストは、実にさまざまな漬け込み酒に迎えられる。もちろんすべてオーナー・バーテンダー、鹿山博康さんのオリジナルだ。そして現在も新たな素材を求めてトライ&エラーを繰り返している鹿山さんは、3ブランドの「ブラックニッカ」に何を漬け込んで、どんな世界へ誘ってくれるだろう。

お馴染みのロゴマークも、まさかのコラージュ!

アディダス オリジナルスと田名網敬一とのコラボレーションプロジェクトが動きだしたのは、およそ1年前。特に制約もなく、自由に楽しく作らせてもらえたと田名網は振り返る。
「驚いたのは、月桂樹の冠をモチーフにした、トレフォイルロゴにも手を加えていいという提案が最初にあったこと。ブランドとのコラボでは、大切なロゴにはデザイン上触れてはいけないことがほとんどですから」
 
そこで田名網は、自らの作品で描くオ

The Meatball family

 イタリアでミートボールといえば“マンマの味”というイメージが強い食べ物。ミートボールの歴史は古く、かつては、前日の残り物をいろいろ集めて丸めて作った家庭料理だったそう。なので、作り方は百人百様。世界各国に似た料理が存在するというところにも目をつけたのが、この店のオーナー、ロベルト・ガッリ氏。各地に散らばる700ものレシピを研究し、そのなかから40種類を厳選して店のメニューにした。さらに、“マンマ

襟を選んで、自分好みに。

タグの白い縫製糸がブランドアイコンになっている〈オールドマンズテーラー〉。編み目が細かいシェットランドウールと、柔らかいラムレザーのコンビネーションになった、こだわりのある一着。取り外し可能なファー素材の襟は、ベージュとブラウンから選べる。148,000円(オールドマンズテーラー/ザ ディアーグラウンド☎0555・73・8845)