キーワード

海岸線

旅の記憶。

いつだったか、J-WAVEでジョン・カビラが旅に行くときは、いつもと違う香りのキャンドルを持っていくようにしている。と、言っていた。旅の記憶を香りにおさめるためだという。いいルールだと思う。香りによってふとした瞬間に蘇る旅の記憶は、写真でたどる旅の記録とは違って、不意をつかれる感じがたまらないですよね。

ビッグ・サーに訪れたら一度は泊まるべきだといわれるロッジ、〈ディージェンス・ビッグ・サー・イ

ハンター・S・トンプソンがこの地に焦がれた理由。

 最初の夜はビッグ・サーを訪れるならば一度は泊まるべきだという〈ディージェンス・ビッグ・サー・イン〉。ノルウェーからの移民であった夫婦がここの森で伐採したレッドウッドを製材し、手作りで建てたというキャビンが立ち並ぶ博物館ものの古宿だ。どれ一つ同じデザインの部屋はなく、そして入口に鍵もない。すきま風が吹き込み、隣の部屋と隔てる壁は文字通り板一枚で、話し声やら床の軋む音も聞こえる。寒くなれば部屋に備え

ハイウェイ1を下る、ビッグ・サーを再訪するために。

 ビッグ・サーのことを一番最初に知ったのはいつだっただろう? 『路上』を書いたジャック・ケルアックを読んだ時か、それともインドでアメリカ人の老ヒッピーから聞いたのが先だったか。90年代にはまだ60年代から70年代初頭をヒッピーとして暮らした人たちが世界各地にいて、いろんな昔話を聞けたものだった。そんな中にジャック・ケルアックの追悼式に出た人がいて、それがビッグ・サーであったということを聞いたことだ

ハンター・S・トンプソンの セルフポートレートに呼ばれて。

ロサンゼルスとサンフランシスコという大都市を抱えるカリフォルニア州。そこに昔ながらの美しい自然を見せる小さなコミュニティが存在する。ビッグ・サー。人を寄せ付けないような荒々しい海岸線と森に包まれたその場所は、いまだに携帯さえほぼ繋がらず、大規模なホテルすら存在しない。何も特別なものが存在しないのにもかかわらず、アメリカ中から憧れの場所として人を惹きつけるこの地の魅力を確認するために、僕らはクルマで

延々と続く大地が、ビビッドな変化を見せた。

 ただ土地をならして固めただけ、といった趣の小さな空港に着陸し、カルバリー国立公園へと向かう。およそ1830㎢にも及ぶ広大な国立公園は、たった4人のパークレンジャーによって管理されているという。そのうちの2人、ラッセルとスティーヴンに話を聞くことができた。オーストラリアのブッシュと聞くと昨年の大規模な火災を思い浮かべてしまうが、幸いなことに西オーストラリアではそれほどの被害はなかったという。ラッセ

大地のグラデーションに染まる。

広大な国土を持つオーストラリアのうち、3分の1もの広さを占める西オーストラリア州。その大地の恵みの集積を味わうことのできる州都パースを起点に移動する。北へ向かうと茫々たる乾いた大地に、突如まばゆいピンク色の湖が現れる。南部のマーガレットリバーでは冬は雨に恵まれるため、ユーカリの巨木が森を作り、空気を清めている。目にする自然の圧倒的な存在感。ダイナミックな大地の変化に、引き寄せられるようにして旅をす

【音楽を聴いて旅気分】野村訓市が選ぶ、「ヒッピーの聖地〈ビック・サー〉へ向かう車で聴きたくなる」プレイリスト

『BRUTUS』の特集「いつか旅に出る日。」(914号)で、アメリカ・カリフォルニア州にある〈ビック・サー〉の取材を行った野村訓市。
〈ビック・サー〉とは、荒々しい海岸線と大きな森林に囲まれた、小さなコミュニティのこと。かつてビートニックの作家たちは“その大自然”にインスピレーションを受け創作し、彼らの作品を愛読するヒッピーたちはこの場所に憧れを抱いた。
目的地には、サンフランシスコからロサンゼル

SOMEWHERE, SOMEDAY いつか旅に出る日。

旅の動機はさまざまです。誰かの話に耳を傾けたり、一枚の写真に心を揺さぶられたり、映画の一シーンに魅せられたりと、いつか行きたいという思いが募っていく。思い立つ時、旅はすでに始まっているのです。いつかどこかで理想の人と出会いたいと願うように、本当に行きたい場所を探す。そこにいるだけで心が満たされるピースフルな場所。旅に行きたいと思うことは、平和を願うことと同じ欲望なのかもしれません。SOMEWHER

「朽ち果てたかどうか なんて考え次第」

ぶっといハンドル、ぶよぶよのグリップ、錆びたフロントフォークにフレーム、巻きつけられた頼りないチェーン、泥がつまったハブとネジ、経年劣化が物語る過酷な事情。でも、ほれ見ろ、タイヤはちょっと新しい、まだまだ走るぞ、現役だ、アート作品なんかじゃねえぞ、馬鹿にすんなよ、だから、よっこいしょ、この薄暗い小屋をとっとと抜け出して、今日も走るよ海岸線、漁師が捨てたイワシの頭を踏んづけて、滑って転んでご愛嬌だ。