キーワード

台東区

父親は、働きたくなきゃ働かない、わがままな人でした。|伊東四朗

 生まれは東京の台東区、昔で言うと下谷区です。この間ふと急に思い立って、地下鉄に乗って上野広小路で降りて、御徒町公園から自分の生まれた場所を回ったんです。佐竹商店街を通って、竹町公園で女房に作ってもらったおむすびを食べて、竹町小学校(現在の平成小学校)を横目に見て、空襲で逃げ場だった西町を通って、久しぶりに西郷さんに会って、全1万1500歩(笑)。兄弟は5人で私は3男。みんな生まれたところが違うん

Campion Ale

イギリス人オーナーブルワーのジェームス・ウィリアムスさんが、昨年12月にオープン。空間もビールもフードも原料もすべて英国スタイルを踏襲している。サリー州にある実家でホームブルーイングの経験があり、さらにイギリスでビール醸造の専門学校に通ったというジェームスさん。「ここで造っている英国スタイルのビールは、アルコール度数が低くて、炭酸も弱いから、飲みやすいですよ」と話す。本場のパブ文化に触れてみよう。

丸千葉

 開店は昼の2時。が、コの字形のカウンターが早々に埋まり、日の高いうちから賑わうことも珍しくない。『あしたのジョー』の舞台として知られる泪橋や、簡易旅館が立ち並ぶ山谷といった、エネルギッシュなエリアにほど近いが、店内は常に和やか。下町のイカした紳士淑女が、楽しげに杯を重ねる。
 そうした常連客率の高い居酒屋は、一見客には得てして敷居が高い。が、客と客とが自ずと向かい合い、店の人を囲む形になる“コの