キーワード

大成功

〈スタジオ54〉のドアマンに追い返されたシック。

シックは、1977年にデビューした伝説のディスコバンド。レッド・ツェッペリンなどのハードロックにも心酔した彼らの魅力は、「パワフルなリズム隊とエレガントなムードの融合」。多くのアーティストに模倣されました。何より中心メンバー3人が猛者揃い。まずはカッティング・ギターの名手ナイル・ロジャース。ダフトパンクにファレルとともにフィーチャリングされた「ゲット・ラッキー」で知った若い世代も多いかと思います。

70年代のソウルミュージックからもらったもの。|永井 博

1968年からディスコへ通い始め、ソウルミュージックに魅了されました。当時お店でかかっていたのはジェイムス・ブラウンや〈モータウン・レコード〉など、日本でも発売されていた曲が中心。思えば、大した知識なんかなかったんです。73年にイラストレーターやデザイナーたちと、40日間かけてアメリカ各地を旅行した時のこと。みんながすぐにNYへ向かう中、僕と湯村輝彦さんと数人だけ、西海岸に残り、LAやサンフランシ

Anatome-

 遅ればせながらロンドンにも健康ブーム到来で、ジムやヘルス関係ビジネスは大繁盛。とはいえ、健康相談やサプリなどの購入がトータルででき、かつデザインもイケてる店は意外となかった。そのあたりに目をつけたのがヒップスター御用達のバーバー〈マードック〉で大成功したブレンダン・マードック。オリジナル商品が揃い、カフェがあり、気軽に、またはアポを取ってじっくりと相談もできるトータルなショップを、ショーディッチ

高橋アキオ/野菜干し研究家

美容師として働きながら、お家では愛する彼女のために料理人となる高橋さん。お弁当からお酒のアテまで、なんでもこなす彼が行き着いたのが、野菜を干す行為。そもそもは、野菜室が少なかったことから始まる。なのにおいしくて値段が安いからと、ついつい旬の野菜を多く買い込んでしまっていたそう。このままじゃダメだと思った高橋さんは、野菜を干してみることに。そしたらこれが大成功! サイズは極小になるし、味は凝縮される

ハゲと大統領。

 サロンのオープンに伴い、神保町をフラフラする時間が増えた。ご存じの通りそこかしこに書店が軒を連ねるこの街にいると、そこまで読書家でない俺でもなんとなく入ってみてはお気に入りをディグってみたりする。小説、エッセイ、自己啓発本にビジネス書。長時間活字に囲まれていると、何だかフラフラしてくる。そんな折、鮮烈に目に飛び込んできたのは随分とエラそうに積み重ねられたマイケル・ウォルフ著の『炎と怒り―トランプ