キーワード

普遍性

キューブリック愛。

『2001年宇宙の旅』製作50周年にちなんで、2週間限定のIMAXシアター上映がありました。最終日に滑り込むと、老若男女の幅広い観客で満席。熱気に満ちた劇場で、改めてキューブリック映画の時代を超える強度に感動しました。この普遍性を生み出しているのは、宗教画のような一点透視の構図です。「Stanley Kubrick's One-Point Perspective」は、様々な映画のシーンを繋ぎ合わせ

もっと知りたい、ミッドセンチュリーデザイン。

デザイナーたちの活躍の背景には、戦争をはじめとする社会環境と、歴史の流れがあった。名作の誕生は、時代の必然でもあったに違いない。

1950年代前後のアメリカは、デザインを取り巻く環境に独特のものがあった。中でも重要なのは、45年に終結した第二次世界大戦だろう。戦勝国か敗戦国かにかかわらず、この戦争は世界中の国々に絶大なダメージをもたらした。しかし数少ない例外として、戦後すぐに勢いを回復したのが、

フランスの新たな鬼才。それは—。

 ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォー、エリック・ロメール、レオス・カラックス、アルノー・デプレシャン……類い稀な才能とカリスマ性を持つたくさんの映画監督を輩出してきたフランスから、久々に注目の鬼才が現れた。それがギヨーム・ブラックだ。しかしこのブラック、これまでに発表した作品は一つの短編と一つの中編のみ。なのだが、その中編『女っ気なし』が本国でロングランヒットし、昨年日本でも熱狂

見ることと、見つめること。|上田義彦

 僕の部屋には、上田義彦さんの写真が、壁に掛けてある。屋久島の森の景色を撮影した「Materia」というシリーズの写真だ。確かそれは、屋久島の森を訪れて、最初に撮った写真であると上田義彦さんは話してくれた。毎日、朝起きた時と、夜寝る前にその写真を僕は見ている。見るたびに昨日と違った何かを発見し、はじめて見た時のような気持ちになる。そして、それが何かを自分の心のなかで思い耽る。そんなふうに写真はいつ

心の中で思い描いてきたものが、東京で一つの輪につながったみたいだ。

川内倫子の写真集、『ILLUMINANCE』を手に、スパイク・ジョーンズが東京にやってきた。この写真集は最新作『her/世界でひとつの彼女』の最初のインスピレーション源で、LAのARCANA書店で出会って以来、ずっとスパイクの案内灯となり映画を導いてきた。たくさんの付箋が貼られた写真集を差し出し、「サインしてください」と言うスパイク。彼の作品へのアプローチにシンパシーを感じていたと言う川内倫子が迎

YAECA HOME STORE

 知的でシンプル。でもなぜか心ときめく服。男女問わず人気の〈YAECA〉が、恵比寿、中目黒に続く3軒目を、白金の住宅街にオープンする。白金高輪の駅から、静かな坂道や路地を散策しつつ約10分。店までのアプローチも楽しい一軒家ショップだ。
 築40年の住居を改装した2階建て。1階は家具とフード、2階には洋服が並ぶ。庭に面したリビング的空間には1930〜70年代フランスの家具や照明。いずれも購入ができる

日本人の“美への感謝”は僕との共通点。|アダム・シルヴァーマン

 アダム・シルヴァーマンの日本での個展は5回目。ランドスケーププロダクツが新たに開いた〈CURATOR’S CUBE〉のオープニングを飾り大成功のうちに終えた。「『Earth』は、同時期に開催した東京の個展『SPACE』やカリフォルニアでの展示『CLAY AND SPACE』と“土の普遍性を表現する”点で繫がっています。僕の作品に共感してくれる人が日本にも多くいますが、一般的に日本人は美への感謝を